兵庫県

TOTOシーウィンド淡路 (2)

TOTOシーウィンド淡路の食事をご紹介します。

まずは夕食。レストランはこんな感じ。

248_1024x768

安藤忠雄のドローイングが飾ってあります。お部屋にもありました。

外は日が暮れてきましたが、まだ海が見えていました。

228_1024x768

メニューはこちら。

226_1024x768

まずはビールを。いただきま~すbeer

233_1024x768

229_1024x768

前菜は淡路島の玉ねぎの蒸し物。

234_1024x768

淡路島といえば玉ねぎ!と期待していたので嬉しいhappy01 まるまる1個の玉ねぎにタコや鯛(明石のかな?)、ミニ人参や大根、空豆が添えてあります。薄味の酢味噌がかかっていましたが、玉ねぎが甘くてとってもおいしかった!

続いて鯛のあら汁。鳴門のワカメが入っていてこれまたおいしい!!

236_1024x768_2

淡路産のお刺身。

238_1024x768

ここで日本酒にスイッチ。千年一という淡路島の酒蔵のお酒です。いっぱい飲んじゃいましたcoldsweats01

240_1024x768

お次はアクアパッツァ。お魚がどれもおいしいです。お皿を傾けてスープもいただきました。

241_1024x768

お鍋は淡路鶏のコラーゲン鍋。うまい~~

242_1024x768

揚げ物。

243_1024x768

こんだけ食べてるのに、肴が足りない~と明石ダコの唐揚げを追加。

244_1024x768

ご飯もタコ飯でした!残さず食べましたよ!!coldsweats02

245_1024x768

デザートまで完食。食べ過ぎじゃろう。

246_1024x768

受け皿がとってもかわいかったです。

247_1024x768

これだけ食べたというのに、朝ご飯もしっかり入るこのお腹。

各テーブルごとにお釜で炊いたご飯が用意されていました。

249_1024x768

わ~、こんなに食べられるかな~と心配しましたが、夫が2杯、私が1.5杯くらいで全部なくなりましたcoldsweats01

250_1024x768

朝はビュッフェ形式です。

251_1024x768

ここでもやっぱり淡路の玉ねぎ、鳴門のワカメ、イカナゴの釘煮など兵庫県の名物がたくさん。

252_1024x768

いや~~~堪能しました!正直こんなに食事がおいしいとは思ってなかったです。地元の食材をうまく使って変化に富んでいて、旅行者にはとても嬉しく大満足な内容でした。

淡路島。なかなか今後行く機会もないとは思いますが、高速に乗るために走っている間に見える景色も、のどかでとてもいいところでした。いつかまたゆっくり滞在できる時が来るといいなぁ~。

| | コメント (0)

TOTOシーウィンド淡路

淡路島で泊まったのは、TOTOシーウィンド淡路 というホテルです。

こちらは安藤忠雄の設計で、元はTOTOの研修所だったところ。なので、一般的なホテルのような売店などはありません。インテリアも安藤さんっぽいスッキリして装飾がない感じです。以前雑誌で見て泊まってみたかったので楽しみでした。

そのわりには全体の写真を撮るのは忘れてるcoldsweats01

まずは入り口にある幅の広~~~~い自動ドア。

277_1024x768

276_1024x768

275_1024x768

人が通るのは右端の1メートルくらいのものですが、ゆうに5メートルはあろうかという幅広さcoldsweats01

入ってすぐフロント。

258_1024x768

右側を見ると、階段の下に海が見えるロビーがありました。

262_1024x768_2

階段の横は一面本棚。建築関係の本が置いてあります。

263_1024x768

265_1024x768

テラスの外から見るとこんな感じ。

272_1024x768

そしてテラスからの素晴らしい海の眺め。

268_1024x768

部屋に行くエレベーターに乗るにはこのロビーを通らなければなりません。車椅子の人には別の入り口があってエレベーターには乗れるのですが、フロントには行けません。それはちょっとどうなの?と思いましたが。

いくらホテルとして作ったものではないとはいえ、研修に来る関係者にだって車椅子の人はいたと思うんですけどねぇ。

そして一番のインパクトはエレベーターに乗るために渡るこのブリッジ!!!

256_1024x768

なんと屋根がありません!!(右側の塔のようなものがエレベーター)。つまり雨の日にはここで傘をささなければならないのですhappy02 いや~~さすがというか何というか。

ちなみにエントランスとフロントが8階、ロビーとエレベーターが7階、客室は2階と3階にあるのでここから下に降ります。

2階の廊下はこんな感じ。

214_1024x768

お部屋はこんな。すっきりしていて私は好きです。

208_1024x768

バルコニー。隣との境がフレームしかないので、行こうと思えば簡単に隣に行けますcoldsweats01 こういう点も元研修所ならではか。

210_1024x768

晩ご飯の前に外を見て回りました。

バルコニーを外から見るとこんな感じ。外からも入り放題ですねcoldsweats01

216_1024x768

そして先ほどのエレベーターとブリッジ。こうやってみると恐い~~despair いやー変わってるわsweat01

219_1024x768

225_1024x768

ロビーの外のテラスは下から見るとこうなっています。

221_1024x768

ちなみに各部屋からは海は見えません。樹木に埋もれているように作ったそうで、海を見るにはロビーやレストラン、テラスに行かないといけないのです~。

夏にはプールもあります。海を見ながら入るプールはなかなかいいかも。

220_1024x768

このように、普通のホテルだと思って行くと戸惑うことは多少あるかもしれませんが、私たちはここに泊まる!見る!ことが目的だったのでいろいろとおもしろかったです。

ちなみに海が見える大浴場もあるのですが、私たちは酔っぱらっていたので部屋のシャワーですませました。ちょっと心残りです。

次に食事について書きま~す。(続く)

| | コメント (0)

橋いろいろ~超長距離ドライブ

今回の帰省、私は4月半ばに飛行機で行き、GWに入ってから夫が車でやってきましたwobbly 今年は平日を2日休めば10連休だったので、移動に2日かける余裕もあったようです。

そしてもちろん帰りも2日がかりで東北を目指します。しばらくその話題をアップしていきたいと思います。

今回は1日目に四国に寄って、そこから淡路島に渡って宿泊しました。なのでたくさん橋を渡りましたです。

まずは九州から本州に渡る関門橋。

167_1024x768

ものすごい霧で橋脚の半分より上が見えませんdespair 当然景色も何も見えず助手席にいるとかなり退屈ですbearing

お昼を過ぎると少しずつ晴れ間も見えてきて、念願の瀬戸大橋を渡る頃にはまずまずのお天気になりました。

おぉ~橋脚がカッコイイ!

174_1024x768

四国本土へは、船で渡ったことはありますが瀬戸大橋は初めて!

176_1024x768

橋の途中の与島という島にあるサービスエリアで休憩しました。

179_1024x768

瀬戸内海は穏やかで、船が静かに滑っていきます。

180_1024x768

香川県に渡ってから高松自動車道を東に進み、大鳴門橋を通って淡路島へ!

194_1024x768_2

鳴門の渦潮がわずかに見えたような?!見えてないような?!

198_1024x768

淡路島南パーキングエリアから振り返ってみましたが、やっぱりこの日はかすみ気味でした。

202_1024x768

そして翌日!素晴らしいお天気です。淡路サービスエリアから見る明石海峡大橋もくっきり。

284_1024x768

ここには観覧車もあるのです!さぞかしいい景色だろうなぁ~。乗ってみたかったけど、時間がありませんweep

285_1024x768

明石海峡大橋を渡って本州へ。

289_1024x768

ここからが長い長い2日目ドライブの始まりなのでした~~sweat01

| | コメント (0)