震災関連

七年経ちました

昨日で東日本大震災から七年経ちました。

私は去年と同じく仙台港と蒲生海岸が見渡せる向洋海浜公園で、山下達郎さんの追悼ラジオ番組を聴きながら待ち、時間になると車から出て海に向かって黙祷しました。

056

去年より風が強く波が高かったです。海辺まで降りて祈る人や花を流している人もいました。公園に来ている人もかなり多かったです。全国的にはどうか知りませんが、当地に関しては風化などしていないと思っています。

ところで去年の11月、仙台市の荒浜に震災遺構として保存してる荒浜小学校に行ってみました。

040_1024x768

津波は右方向の海から襲ってきて、2階まで達しました。

039_1024x768

手摺が曲がり、取れかかっています。

038_1024x768

中から見るとコンクリートの手摺壁も倒れています。

036_1024x768

037_1024x768

今は学校と海の間には何もありませんが、震災前には隙間なく家が建っていました。私も海水浴に来て、家の間を縫うように海岸沿いの駐車場まで行ったことがあります。

035_1024x768

その頃の町並みや、津波が来た当時の映像などを中で見ることができます。

他県から訪ねて来られる方にはぜひ寄っていただきたい震災遺構の一つです。

| | コメント (0)

WaWa(和輪)@いわき市

三月の連休最終日、いわき市まで常磐道を通ってドライブしました。初いわきです。

以前は郡山経由で行かなければならず随分遠い印象でしたが、仙台東道路から常磐線がつながって、2時間半ほどで着くようになりました。

高速も6号線も通過はできますが、途中には下車できない、バイクは通れない区間もあります。

023_1024x768

その区間は放射線量もまだまだ多いです。

046_1024x768

除染作業によってたまっている放射線を含んだ廃棄物も山積みです。

026_1024x768

解決すべき問題は未だに多くあると知るためにも通ってよかったと思いました。

さて、いわきの駅近くで寄ったカフェ、WaWa(和輪)

小さなスナックなどが建ち並ぶ飲み屋街にありまして、調べないと絶対たどり着けないでしょう。

045_1024x768

中はカウンターとテーブル席が4つほど。こぢんまりしてかわいいお店でした。

おしぼり入れもかわいい。

042_1024x768

夫はチャイを。

043_1024x768

私はミニぜんざいとお抹茶のセットを。

044_1024x768

自分でも予想外のものをオーダーしましたが、ぜんざいの甘さもほどよく、くつろぐことができました。

この日はあまり観光はできませんでしたが、もっと日が長くなれば水族館などにも足を伸ばしたいです。

| | コメント (0)

六年経ちました

11日で東日本大震災から6年が経ちました。

私は仙台市宮城野区の蒲生海岸が見渡せる、仙台新港の向洋海浜公園から海に向かって黙祷しました。

170311_135442

この日の海は本当に穏やか。青空を映してきれいでした。

ところで先日、去年の記事『五年経ちました』に載せていた野蒜駅と東名駅に行ってみました。

そしたらびっくり!去年は駅だけがポツンと建っていたのに、野蒜駅前にはすてきなコミュニティセンターができていました。

019_1024x768

2つの駅の間は大きな橋でつながっていて、そこに新しい宮野森小学校も今年開校!

020_1024x768

022_1024x768

設計はシーラカンスK&H。内部の写真はこちら→

津波で被害を受けた野蒜小学校と宮戸小学校が合併してできた学校で、地元の木材をフルに使用した校舎です。

そして東名駅の前には集会所もでき、

024_1024x768

駅前にはたくさんの新しい家が建っていました!

025_1024x768

026_1024x768

1年でここまで変わったかとびっくり!

まだ買い物をする店などはなかったようですが、来年にはもっと生活しやすくなっているのではないでしょうか。

一日も早くすべての人が仮設住宅を出て新しい生活を始められますよう祈るばかりです。

| | コメント (0)

気仙沼に行きました

12日に気仙沼に行ってきました。言うまでもなく津波で大きな被害を受けた港町です。

お昼時に着いたのでまずはお魚いちばの中にある食堂で腹ごしらえ。

私は港町丼。

001_1024x768

切り身が分厚い!!そして量が多い!!

002_1024x768

夫はサバの塩焼きと刺身定食。

003_1024x768

これまたサバが大きい!!刺身ももっと少ないのを予想していました~。

二人ともお腹いっぱいになりました。美味しかったんだけど出てくるまでにちょっと時間がかかり過ぎかな~。30分近く待ちました。本を読んでいたけどちょっと長かったcoldsweats01

食べ終わって少し町を走りました。

気仙沼線は不通になり、今はバスが走っています。線路は途中で途切れたまま。

004_1024x768

鹿折地区(大きな船が流れ着いて有名だったところ)には大規模な復興住宅が建設中です。

006_1024x768

それから安波山の展望台に行ってみました。震災後の津波が来た時にサンドウィッチマンの二人がスタッフと共に避難した場所です。

気仙沼の市街地が見渡せます。

009_1024x768

お昼を食べたお魚いちばは左の海に空き出た部分にあります。

008_1024x768

なんてきれいな空と穏やかな海。あの日、ここから自分たちがさっきまでいた場所が波にのまれていく様を見なければならなかった人たちの心を思うと言葉もありません。

復興住宅が完成して回りにお店もできればまた人の流れも変わるでしょうか。仙台からは宮城県内で一番遠いところだけど、これからも折に触れ訪ねてみたいです。

| | コメント (0)

五年経ちました

今日で震災から五年です。

いつものごとく全国のテレビで特集が組まれ、東京からたくさんの取材陣が被災地に来ています。それを見て少しでもたくさんの人が東北を訪れてくれるといいなぁと思っています。見るのと来るのでは確実に印象が違うと思うので。

宮城では鉄道もだいぶ回復しました。

去年の夏、内陸に移動した仙石線の駅を見に行きました。

東名駅

009_1024x768

そして野蒜駅

016_1024x768

いずれも震災前の駅から5~600メートル内陸の高台に新しく土地を造成して造られました。

駅に行くには以前の駅前の通りから、長い坂道を上って行かねばなりません。

007_1024x768

宅地の造成の予定がありますが、今はまだ周辺には何もなくポツンと駅だけができています。

010_1024x768

新しい駅から海の方を見ると、旧駅が見えます。

015_1024x768

そしてこちらが旧駅。

020_1024x768

駅舎があったところはコンビニになっています。この駅はこのまま残すのかな?残して欲しいな。

そこから見上げる新駅。

022_1024x768

やっぱりずいぶん高いですね。

野蒜は大好きでよく海を見に来ていました。かんぽの宿でお風呂に入ったり、その先の奥松島の宮戸島にカレー食べに行ったり海で遊んだりも。

何もできないけどこれからもお魚食べに行ったりしたいです。

忘れたり思い出したりことさらすることなく、これからもずっと普通に海辺の町に通いたいと思っています。

| | コメント (2)

四年経ちました

震災から四年が経ちました。

最近も津波の被災地はよく訪れるのですが写真は撮ってないですねぇ。

かさ上げ工事と防波堤の工事がどこも進んでいて、私も以前そこにあった家の景色を思い出せなくなる時があります。

町を走れば仮設はあちこちにあるし、一方で復興住宅の工事が終わったところもある。

仙台市は土地がありますから早い方なのですが・・・。

県外の友人から「震災なんてずーっと昔のことみたいだよね!」と言われた時のショックは大きかったです。

そういう人には少しでもいいから当地に足を運んで、自分の目で見て欲しいと思うばかりです。

私も今までと変わらず、自分が見たことを忘れず伝えていきたいです。

写真は啓翁桜です。もうすぐ春ですね。

005_1024x768

| | コメント (0)

3年経ちました

今日は3月11日、東日本大震災から3年経ちました。

去年のこの日から震災関連の記事はアップしてないですね。津波の被災地には度々行って海産物を購入したり、その際には風景の写真も撮っているのですけど、文章力がなくてうまく記事にできないままです。

私の考えは去年と全く変わりません。

この地で経験した者として、できることをやり、県外の人にも伝えることだけです。

写真は去年の8月に撮った閖上。

013

お家の基礎が夏草に覆われています。

震災前、おいしいお寿司やさんがあって食べに行ったものです。今は朝市も復活していますね。行ってみたいな。

被災者の方の悲しみが少しでも癒えますように。

| | コメント (0)

2年経ちました

今日で震災から2年です。

もう2年も経ったなんてとても信じられません。ついこの間のことのように思えます。

ここ1週間くらいは全国ネットの番組等で震災のことを取り上げることも多いですが、地元にいると毎日ローカルニュースで見ているし生活にも密着しているので、特に久しぶりに思い出すとかではなく、日々忘れることはありません。

しかし東京に遊びに行ったり、福岡に帰ったりした時には、震災に対する感覚の違いをまざまざと感じます。

私がいろいろ話しても興味がなさそうだし、友達である私が無事ならそれでよかったよね~みたいな。

でも自分も今まで、阪神淡路大震災やその他の災害に対してはそうだったかもしれないですね。

とにかく今ここに住む者の一人として、自分にできることをこれからも続けていくしかないです。

001

被災者の方々の苦しみが少しでも軽くなりますように。

| | コメント (0)

相馬のたこ八

最近、『にっぽん縦断こころ旅』で火野正平さんが行かれたところを追っかけるのが定番になっている我が家ですcoldsweats01

今日は相馬市のたこ八へ。

8月に店の横を通りかかって場所はわかっていたのですが。

023

この時は入る時間がなかったので、今回はリベンジ。

たこ八は、以前は松川浦のすぐそばに建っていましたが、津波で全壊してこちらに移転してきたそうです。

前のお店にも行ったことがありますが、本当に海の真ん前でした。場所は変わっても再開できてよかったです。

私が頼んだのは海鮮丼~fish

020

021

お刺身が分厚くって、一口で食べるのはもったいなかったです。お味噌汁にはアラが入っていておいしかった。小鉢のじゃこの佃煮もご飯が進むお味でした。

このお魚たちは、以前相馬の海で獲れていた種類を他の地域から仕入れて出しているものだそうです。

夫はカマ焼き定食を。

023_2

024

大きい!いっぱい身がついてる!

カマというとブリかな~と思ってましたら、これは鯛でした。多分sweat01 白身のお魚。

適度な塩味でおいしかったです。

火野さんのサイン~lovely

028

かわいいconfident

食事のあと、相馬の魚市場があった辺りまで行ってみました。

029

地盤が沈下しているので、道路ギリギリまで波が打ち寄せてきます。

030

線路のように見えるのは、左側にある造船所でできた船を進水させるためのものです。

032

午後のこの時間は満潮に近かったので、あちらこちらで海水が上がってきていました。

034

建物が海の中になっちゃってる。

037

旅館やホテルもたくさん再開していましたが、HPを見ると復興関係の方のみの宿泊が多いようです。

おいしいお魚、たまに買いに行っていましたが・・・。何も心配せずに目の前の海で獲れる魚を誰もが食べられる時は来るのでしょうか。

| | コメント (2)

新北上大橋

先日、北上川の両岸を走ってみました。昨年行った時にはまだ通れないところもありましたが、新北上大橋も仮復旧していたので渡ってみました。

004

008

手前半分が仮の橋です。2年前の写真はこちら→

葦が随分減ってしまっています・・・でも少しは生えてきているようでよかった。以前行った北上水辺センターも、津波の被害を受けた後取り壊されて今はありません。

川の中には津波に流された橋桁が今も残っています。

005_2

006_2

010

あんなに頑丈な橋が流されてしまうなんて・・・。

北上川のベッコウシジミも激減して、水揚げは例年の3割程度とか。また食べたいな。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧