岩手県

三彩館ふじせいと舘山公園の桜

これもまた1ヶ月前の話。宮城のソメイヨシノがダメなら岩手はどうだと一関に行ってみました。

一関と言えばお餅が有名です。まずは 三彩館ふじせい でお昼タイム。

名物のひと口もち膳をいただきました。お重の他にお雑煮も付いてます。

019

蓋を開けると、すごーい!

021

お餅の種類はこのようになっています。(クリックで大きくなります)

020

022

すごい量に思えるかもしれませんが、一口サイズで柔らかく、お雑煮も飲みつつするすると完食しました。

好みを言うならば、私はもう少し甘い系よりおかず系が多い方が良かったかな~。

食事が終わって千厩町にある 舘山公園 に行ってみました。

長い時期桜が楽しめるということだったんですが、やっぱり今年は早かった!

029

かなり散ってしまってスカスカな感じです。

023_2

足元はとてもきれい。

026

028

それでも家族連れが何組かバーベキューをしながらお花見を楽しんでいたし、老人ホームからも車で見に来られていて、地元に親しまれているんだなぁと思いました。私たちもいい散策ができました。来年は満開の時に見てみたいな。

| | コメント (0)

福田パン (2)

盛岡に行ったら寄りたくなる 福田パン

去年の今ごろは店の外まで人があふれるほどの行列でしたが、今回は店内に10組ほど。これが普通なんだと思います。待たなくていいし気軽に行けるのは嬉しいことです。

今日はお昼用にこちら2つ。

020_1024x768

コンビーフは夫が去年おいしかったからと注文。私は去年売り切れていて残念だった白身フライを野菜と共に~。

021_1024x768

フライは三切れもあって野菜もたっぷり。二人で分けても隅々まで具があるのが非常にいいですsign01

そしてこちらは翌日の朝。

050_1024x768

ずんだあんとホイップ。それと照り焼きチキン。

051_1024x768

去年のあんバターやジャムがすんごく甘かったのでちょっと覚悟していましたが、このずんだとホイップは組み合わせがよかったのかとってもおいしかったです!

チキンもおいしいし、何よりパンが好き~heart04 また別の味を求めて行ってしまいそう。次は海老カツを狙おうか。

| | コメント (0)

北上川の源泉

前回の続きです。高松の池で福田パンを食べた後、4号線を北上して岩手町に北上川の源泉を見に行きました。

これまたこころ旅で火野正平さんが行ってところですが、これは番組で見てすぐ行きたい!!と思っていたので楽しみでした。

IGRいわて銀河鉄道の御堂駅と奥中山高原のちょうど中間くらいで4号線を右に入り、しばらく行くと道路を挟んで御堂観音堂と駐車場があります(案内板があるのですぐわかります)。

044_1024x768

うっそうとした木々に囲まれて、山門があります。

045_1024x768

033_1024x768

素晴らしくかっこいい門。

034_1024x768

正面の本堂にお参りして、右奥にある源泉に行きました。

042_1024x768

水はこの木の根元の空洞の奥から湧いているのです。

040_1024x768

暗かったけどなんとか撮れました。ちょろちょろと湧き出るこの水が、あの大きくてきれいな北上川となって太平洋に注ぐのです。

038_1024x768

041_1024x768

木々の緑が美しく、空気はひんやりと湿り気があってとても雰囲気のいいところでした。きてよかった!そして番組を見ていてよかった!

駐車場の横には源泉から流れる水で流れを作った公園があります。

053_1024x768

054_1024x768

紅白の蓮がとてもきれいな時期でした。

047_1024x768

051_1024x768

川の源流ってなかなか見ることができないので、とても感動的なひとときでした。

| | コメント (0)

福田パンと高松の池

バラエティ番組で何度も見て、食べたい食べたいと思っていた盛岡市にある福田パン

先月ようやく行くことができました。

これは帰りに撮ったもの。

022_1024x768

私たちが着いた時には店の外に5組くらいの人が並んでました。これくらいならたいしたことなかった、と思ったら大間違い。店の中の壁に沿ってグルーーーッと30人は待っておられました~~sweat01

40分くらいかかったかな?その間にこのたくさんのメニューを見て悩む時間は充分にとれました。

020_1024x768

テレビで見た時に、違う味のものでも混ざるのがイヤな時はどうしたらいいんだろうと思っていたら、ミックスと半々という塗り方があるとわかり納得!!!

021_1024x768

無事にこの4個を買うことができました。この日の昼食用にトンカツ&れんこんシメジ、コンビーフ&ミックス野菜、翌日の朝用にピーナツ&バターのミックス、ブルーベリージャム&マーマレードの半々。

023_1024x768

さっそくいただきましたらば、まずパンがおいしーーー!!!大きくてふわふわ!!すごく好みのパンでした。

野菜もシャキシャキしてておいしい。

024_1024x768_2

こちらはトンカツ&れんこんシメジ。量もたっぷりでお昼には一つで充分です。

025_1024x768

あ~もっといろんな味の組み合わせを食べてみたいよぉ~~。ほんとは白身フライかハンバーグを狙っていたのだけど売り切れちゃったのです。キーマカレーも気になる。

さてこれを食べたのは盛岡市にある、高松の池にっぽん縦断こころ旅で火野正平さんが6月に訪ねていたところです。

池が見えるベンチでいただきました。

030_1024x768

福岡の大濠公園を思い出す、大きくて立派な池でした。

028_1024x768

この時には紫陽花が咲いていました。

032_1024x768

池の周りに桜がたくさん植えてあるのでお花見の時期はさぞかしきれいでしょう。

031_1024x768

盛岡は仙台からちょっと遠いのであまり行くことがないのですが、また福田パンを買ってここで食べたいな。

そうそう、次の日の朝に食べた甘い系の方のお味ですが、バターもジャムもしっっっっっかり甘かったです。最近はスイーツといいながらもほとんど甘くないお菓子が多いですが、これはもうかなりの甘さcoldsweats01 おまけにたっぷり塗ってあるのでかなり応えましたsweat01 我が家の好みとしてはお総菜系の方がいいかな、と思った次第ですbleah

| | コメント (0)

円万寺観音堂からの眺め

にっぽん縦断こころ旅を追っかけようシリーズの第何弾か?!

この日は岩手県花巻市の円万寺観音堂を訪れました。

015_1024x768

お天気がよくて暑い日、静かな境内には大きな木も多くていいところでした。

009_768x1024_2

しかし目的はお寺そのものではなく、ここから見た防風林のある眺め。

014_1024x768

私たちはズルして駐車場まで車で上ってきたので、階段を上ったところにある鳥居の方へ境内から行ってみますと・・・。

005_1024x768_2

わぁ~~~

番組で見れたのと同じ、田植えを終えたばかりの水田に映る防風林が、海に浮かぶ小島のようです。

007_1024x768_2

きれいだな~confident

番組にお便りを出した方が大好きな風景だというのも納得です。

仙台平野にもイグネと呼ばれる防風林がたくさんあるけど、こういうふうに見下ろせる高台はないなぁ。

休耕田にならずにいつまでもこの景色が見られるといいですね。

ちなみにこれは5月末の写真ですので、今は稲が伸びてここまで鏡のようにはなっていないかもしれません。

| | コメント (2)

トマトのレモン煮

夏の贈り物にいただきました。

トマトのレモン煮。

023

北上市にある大安楼という料亭がデザートに考案したものだそうで、丸ごと一個のトマトが入ってます。

022

飾り用の葉っぱ付き。

024

(器に移せよsweat01

お味ですが。。。夫はウマイと言って食べてました。

私も最初の何口かは大丈夫だったんですが、実は私はトマトジュースが苦手でして。食べているうちにだんだんトマトが崩れてきて、シロップと混ざってきたらものすごいトマトジュースに似た匂いがしてきて、私はギブアップでしたbearing

サラダのトマトや、トマト煮のソースは大好きなんですけどね~。トマトジュースがダメな方はちょっとキツイかもです。シロップはレモン風味でとってもおいしかったですよcoldsweats01

| | コメント (0)

あまちゃんロケ地・久慈駅とまめぶ汁

小袖海岸を出て久慈駅に戻ってきました。

068

ドラマでは全然映らないけど、すぐ隣にJRの久慈駅もありました。パネルの模様がウニみたいでかわいいhappy01

064

JR八戸線で八戸から久慈まで南下してきてここが終点。ここから南は三陸鉄道北リアス線が始まるのです。

駅の構内売店で、あさイチでイノッチが付けていた“じぇ”の缶バッジを見つけたので購入~♪

022

ホームではちょうど団体さん向けのお座敷列車が発車するところでした。

074_2

見れてよかった~happy01

駅前には観光協会が入っている設定の駅前デパートビルが。

065_2

テレビで見たまんまだ~~upwardright

あちこちロケ地を見てドラマがますます身近に感じられ、満足して帰路につきました。

高速に乗る手前で寄った道の駅に南部ダイバーの装具一式が飾ってありました。

078_2

すごい重装備。後ろにじぇじぇTシャツも写ってますね。

そして!帰りの高速の岩手山サービスエリアで念願のまめぶを食べることができました~!

海と山の賑わい丼。

079_2

サーモン、イクラ、タイ、シラス、ツブ貝、半熟卵の丼にまめぶ汁がついてました。

080

まめぶは2個だけ~sweat01(左側の丸いの)

中には黒砂糖とクルミが入っています。

081

お味ですがおいしかったです!汁の方は普通の醤油味のけんちん汁で、まめぶは黒砂糖と使っているのでコクのある甘さです。

お汁を飲みながらまめぶを噛んだら多分微妙だとは思いますが・・・sweat01 いわゆる『しょっぱいんだか甘いんだか』『口の中で緊急会議』状態になるんでしょうwink

素朴であったかい郷土料理でした。最後に食べられて嬉しかったですlovely

| | コメント (2)

あまちゃんロケ地・海女さん

前回の続きです。

053

海女さんの実演を近くで見るには一人500円かかるのですが、チケットと一緒にステッカーもらいましたhappy01

020

チケット売場の横に、お客さんがどこから来たのかシールを貼る地図が貼ってあったのですが。。。

021

圧倒的に岩手宮城、あと関東圏からが多いですね。でも九州からも海外からもたくさん来ていましたconfident

ドラマでもお馴染みの海に降りる階段。ベテラン海女の方々と、高校生の海女クラブの皆さんが潜ります。

024

寒そう~

028_2

029_2

この日はとても気温が高い日でしたが、それでも海の近くは涼しい風がかなり吹いていましたから、海水は冷たかったのではないかな~。

ウニが捕れると見せてくれます。(わかりにくいですが一番右の方)

034_2

今年は資源保護のため、捕れたウニを観光客に振る舞うことはやってないそうで、こうやって見せたウニはすぐポイッと海に投げちゃってました。

ってことは、次に潜る時は投げたウニをまた拾ってくると探さなくていいし楽だよね・・・とちょっと一人ツッコミしてしまいました、すみませんcoldsweats01

私が着いた時にはもうお昼過ぎていたので、ウニもまめぶも全部売り切れ。

020_3

う~ん、道の駅でもウニ丼が食べられなかったし、もっと早く行かないとダメですね~。

でも実際に海女さんも見れたし、何より小袖のこの風景と空気を体感できてすごく満足でした。

潮騒のメモリーズ号のパネルと、ロケの写真。

051

マンホールも海女さんです。

056

それでは帰りのバスに乗って、次は久慈駅に向かいます。

(次回に続く)

| | コメント (3)

あまちゃんロケ地・小袖海岸

大人気の朝ドラ・あまちゃん。物心ついた時から家にいる限り欠かさず朝ドラを見ている私ですが、あまちゃんはベスト3に入るくらい好きです。

舞台が東北なのでいつか行きたいとは思っていましたが、まだ放送中のお盆休みという、一番混む時期に行ってきましたcoldsweats01

仙台から舞台の久慈市までは、東北道から八戸道に入り九戸で降りて一般道を東に進みます。約300キロの行程です。

久慈駅の少し手前にある道の駅に車を置いて、お昼にはウニ丼でも食べるか~なんて考えていたのですが、駐車場も中も激混み!食堂は待ち時間がどれほどかかるか予想もできないほどで、仕方なくおにぎりを買って急いで食べ、小袖海岸(ドラマでは袖が浜)行きのバス乗り場に向かいました。

小袖海岸に行く道は、狭くて迂回路もないため今は観光客の車の乗り入れは禁止されています。市内に何ヶ所かバス亭がありますので、そこから行きましょう。

バス停には10人以上の人が並んでいて、来たバスも満員で2台ほど通り過ぎてしまいました。ホームページに載っていた時刻表では30分に1本でしたが、臨時バスがどんどん出ていたので3台目に乗って座ることができました。ちなみに海が見えるのは左側です。

三陸沿岸は険しい岩がそそり立つ景色が続きます。道路は本当に狭かった!

009_2

007_3

010_2

そんな道を20分ほど進むと見えてきました、あの灯台が~!

011_2

着きました!

013

これは『袖が浜』と書いてありますからロケに使った看板ですね。

014

港沿いに歩いていくと、夏ばっぱの家に上がっていく坂道が~。

016_2

左側に立っている案内板によると、写真手前部分の空き地は震災による津波で建物が倒壊し、その空き地に漁協や海女クラブのセットを建てて撮影したそうです。

やはり小袖にも津波の被害はあったのですね。ドラマではその辺りをどう描くのか・・・非常に気になるところです。

あれは!ヒロシが働いていた監視小屋!

036_2

本当に港を見下ろせるところに建っているんですね~。

0381

そして、春子が落書きをし、アキが飛び込んだ灯台。

040_2

残念ながら上に上がることはできません。

本当にのどかできれいな小さな港です。

044

(次回に続く)

| | コメント (0)

車から見えた北東北の山

青森までの行き帰りで見えた山々をご紹介しますfuji

085

田んぼの向こうに見える岩木山。山頂にちょっと雲がかかっています。津軽富士とも呼ばれていますが、なかなか全貌が見えなくて残念です。

149

夕日を受ける安比高原。さすがスキー場がいっぱいありますねぇ~ski この日(5月5日)までは営業していたようです。

007

行きは雲に覆われてボヤッとしか見えなかった岩手山。

帰りはなんとか見れました。

155

南部富士と呼ばれるなだらかな東側の稜線と、西側のゴツゴツとした稜線の違いがおもしろいです。

005

こちらは、栗駒山から焼石岳にかけての山々。

東北には、福岡では見られない1500~2000メートル級の山がたくさんあって、いつもすごいなぁ~きれいだなぁ~と見とれています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧