熊本県

2017年の熊本城

熊本城には今まで何度か行っていて美しい姿を写真に撮っていたのですが、ブログを見直してみると一度もアップしたことなかったみたいsweat01

これは3年前の。

Img_0635_1024x768

Img_0636_1024x768

中の素晴らしい装飾はどうなっているんだろうなぁ。

Img_0644_1024x768

Img_0645_1024x768

そして、現在近寄れるところからの状況がこちらです。

181_1024x768

瓦が砂ぼこりと共に落ちていた天守閣の工事をしているようです。

被災前の写真の向こうには

169_1024x768

中から崩れている石垣が。

170_1024x768

櫓や塀がことごとく崩れているようです。

167_1024x768

175_1024x768

その石垣をまた組み直せるように並べてあります。

173_1024x768

179_1024x768

183_1024x768

何とか今の状況を危険なく見てもらおうと急ピッチで手直しをしてあります。

182_1024x768

元の姿に戻るのにどれくらいかかるのか…。でも確実に復旧に向けて進んでいるようでした。

詳しい進捗状況などは公式サイトをごらん下さい。→

| | コメント (0)

山見茶屋 桜の小路

熊本城を見る前に腹ごしらえです。お城のすぐ前にある観光施設、城彩苑 桜の小路 にある山見茶屋に行きました。

夫は阿蘇高菜めし定食。

160_1024x768

郷土料理のだご汁と小鉢がついています。

私は馬肉の溶岩焼定食。

161_1024x768

同じくだご汁と小鉢がついています。

霜降りの馬肉美味しそう~~

162_1024x768

トロッとして臭みなど全然なくて大好きです!

163_1024x768

この三倍は食べられたなhappy02

| | コメント (0)

寂心さんの樟

さて、帰省中の話に戻ります。

今回はぜひ熊本に行きたいと思っていました。今の熊本城がどうなっているのか見たかったのです。

この日は植木インターで高速を降りて一般道を進んでいましたら、ものすごく大きなクスノキを発見しました!車を止めてみてみます。

おっきいーーーー!!!

153_1024x768

右下にいる白いシャツが夫です。なんてなんて見事な枝ぶりでしょう。

156_1024x768

地面に着きそうなほど枝が広がっています。

157_1024x768

寂心さんの樟と呼ばれているそうです。寂心さんのお墓の上にあるとか。樹齢は800年!この下にどれだけの根っこが張っているんでしょうね。

158_1024x768

154_1024x768

今ちょっと自分が病み上がりだからか、実際見た時よりも今の方が強く生命力を感じます。元気に生きようという気持ちになりました。

| | コメント (0)

菊池渓谷

帰省中に行ったところシリーズも終わりに近づいてきましたが、今回は菊池渓谷にも行きました。

これまた何度も通過したことはあったけど、車を止めて下を散策したのは初めて。新緑がきれいで水の流れがきれいで、ほんとにいいところでした。

30分ほどのコースを歩きましたが、歩きやすい靴と服装がお勧めです。

228_1024x768

233_1024x768

江戸時代に植林されたという巨木があちこちにあります。たかーーい!

239_768x1024

黎明の滝↓

234_1024x768

236_1024x768

紅葉ヶ瀬↓

240_1024x768

岸辺で遊んでいる人もいました。気持ちいいだろうなぁ~。夏は最高でしょうね。

241_1024x768

242_1024x768

天狗滝と竜ヶ渕↓

245_1024x768

水の色がきれい~。

246_1024x768

これより先にも散策路はありましたが半分ほどで橋を渡って引き返しました。ちょうどいいお散歩でした。若干暑かったけどsunsweat01

紅葉シーズンに大渋滞するのは知っていましたが、新緑もなかなかです。行ってよかった。まだまだ知らないところがたくさんありますねー。

| | コメント (0)

石松茶屋で熊本料理

前回の記事のタイピーエンを食べた石松茶屋

熊本の郷土料理がたくさんあって、とても楽しいひとときを過ごすことができました。

まずはビールで乾杯。

Img_0616_1024x768

最初は馬刺しから。

Img_0618_1024x768

脂身が多めでトロッとしていておいしかった。でももうちょっとたくさん食べたかったなcoldsweats01

お次は山ウニ豆腐と一文字のぐるぐる。

Img_0619_1024x768

山ウニ豆腐とはお豆腐の味噌漬けで、ウニのようなチーズのような、ねっとりした歯触りです。一文字のぐるぐるとは、さっと火を通した小ネギをぐるぐると巻いて、酢味噌をつけて食べるものです。

それからこれは外せない、辛子蓮根。

Img_0620_1024x768

自家製なので、お土産用に売っているものより辛さが控えめで食べやすかったです。

まだまだいきます、キビナゴの天ぷらと、山菜のてんぷら。

Img_0621_1024x768

キビナゴは熊本や鹿児島で食べられている、小さな青魚です。

最後はこちら、筍んひこずり。

Img_0623_1024x768

ひこずりとは、お味噌で炒める料理のことのようで、私は今回初めて知りました。お店の人によると阿蘇の郷土料理だそうです。甘めの味付けで、いかにも九州って感じ。旬の筍がおいしかったです。

この他にもサラダやブリカマ、タイピーエンなどお腹いっぱいいただきました。熊本は珍しくて美味しいものが多いので楽しいです。また是非食べに行きたいですsign01

| | コメント (2)

熊本でタイピーエン

今回の帰省中、熊本に旅しました。

その時のことも追々書いていきますが、まずは2日目と3日目に食べたタイピーエン。

太平燕(タイピーエン)とは熊本の郷土料理で、春雨の具だくさんスープです。

こちらは熊本市下通にある石松茶屋という居酒屋で〆にいただいたタイピーエン。

Img_06251

具もスープもちゃんぽんのような感じで、あっさり豚骨味です。たくさんの野菜と豚肉、海老、キクラゲなど。

春雨がスルスルと入っていくので飲んだ後でもおいしいです。

そして3日目に熊本城の隣にあるお土産処・桜の小路の中のお店、夢あかりでいただいたのがこちら。

Img_06501

すごーい透明な塩味のスープ。手前の方に春雨があるんですが透けちゃってわかりにくいです。

私が今まで何度か食べたのはどれもちゃんぽん風スープだったので、これは珍しかった。ちょっと辛めのお味噌がついていて、好みで入れられます。

野菜もいろいろ見たことのない変わったものも入っていて、店員さんに聞いたのに忘れちゃったcoldsweats01 海老、イカ、アサリ、お肉などが入って盛りだくさんでした。

タイピーエンいいなぁ・・・。また食べに行きたいよ~。

| | コメント (4)

ドクターフィッシュ

ガラ・ルファという魚を知っていますか?

西アジア地域に生息する淡水魚で、ドクターフィッシュの通称で知られています。

なんでそう言われているかというと、人の古くなった角質を食べる習性があり、皮膚病の治療などに使われている国があるからだそうです。

156

前々から一度体験してみたい!と思っていたので、阿蘇神社の帰りに阿蘇ファームランドに立ち寄りました。

詳細はこちら→http://www.asofarmland.co.jp/relax/fish/

073

いや~、この感触!!たまらんっ!!!

くすぐったがりの人はきっと耐えられないと思います。小指の先くらいでチョンチョンとくすぐられているような感覚が、足の先全体に無数に広がります。

最初はだれでもキャーキャー叫んで「気持ち悪い~」と笑ってます。私も悶絶しながらくすぐったさに耐えてました。

で、このお魚さんたち・・・恐ろしいほど正直に、歳の順に食らいつきますcoldsweats01

同じプールに、よその子どもたちも4人ほど入っていたのですが、これがまぁ、お金を払ったのが気の毒になるくらい全く寄りつかず。

そして数人いた大人の足の中でも、ハッキリと一番年長者に群がる~(≧∇≦)

153

彼女が足を上げると、魚どもは私の足に向かってきます!なんでわかるの~~happy02

そして効果ですが、気のせいか心なしか、かかとがスベスベしてるようなup この直後よりも数日経ってからの方が、かかとが硬くないことに気付くような気がしました。

すんでしまえばとっても楽しかった!またやりたい!

そしてこれは、お家で飼えばなおいいんじゃないの~?!と秘かに今思っていますbleah

| | コメント (6)

阿蘇神社&馬ロッケ

まだまだ続く帰省中のお出掛けネタ。

この日は熊本の友人と阿蘇へ。と言っても山をドライブしたのではなく、今まで行ったことがなかった阿蘇神社へ。

146

144

しかしあいにくの雨で寒いこと寒いこと。お参りだけさっさとして、参道を歩いてみました。

こちらの参道は、拝殿に向かわず横に延びている珍しい横参道というのだそうです。

阿蘇に限らず熊本はおいしい湧き水があちこちにありますが、この参道に面するお店の前にもそれぞれに水が湧いていて、飲み物を冷やしたり飲んだりできます。

149

062_2

063_2

068_2

069_2

さてここでの目的は、馬ロッケ!!

馬ロッケとは馬肉のコロッケのことですhappy01 熊本の馬刺しは全国的にも有名ですが、友人によると、昔は肉と言えば馬肉のことで、肉じゃがもコロッケも全て馬肉だったとか。

参道にあるとり宮というお店では、注文してから揚げてくれて、アツアツをお店の一画で頂くことができました。

067_2

肝心のお肉の部分が写っていませんが。。。coldsweats01 これがものすごくおいしかったのです!揚げたてなのでサクサクしているのはもちろんですが、お肉の味が濃くて、ジャガイモとのバランスもよくて、三つくらい一度に食べられそう。

自宅に持ち帰りしたいくらいだったのですが、旅は始まったばかりなので残念ですがあきらめました。

このお店の中にも湧き水が。

150_2

通りに面した建物は、新しいものも回りの景観に合わせて造ってありました。

151_2

ATMもこんな感じhappy01

070_2

天気がよくて暖かい時に、ぜひもう一度ゆっくり回ってみたいところでした。

| | コメント (2)

ゆるキャラグランプリ1位

くまモン

なんかエライ人気ですが・・・私も実は今回買ってきてました。

018

キティちゃんとのコラボ(≧∇≦)

023

この抱きかかえられてるキティちゃんがかわいかったので・・・。くまモンの顔はチト怖いと思うのは私だけ?sweat01

地元じゃ大忙しで、イベントやらなんやらニュースで見ない日はないのだそう。いろんな名産品や食品にプリントされているのも多数目撃しました。

023_2

うーーーーーん・・・・かわいい・・・か??びみょぉーsweat01(スミマセン)

| | コメント (2)

熊本駅・太平燕(タイピーエン)

熊本駅で新幹線に乗る前に、新しくなった駅のフレスタ熊本で、お土産購入と食事をしました。

食事はなんにするか迷ったけど、やっぱり熊本に来たら熊本らしいもので締めたいなと思い、太平燕があった Eki Dining そうせき kumamoto という店にしました。

ちなみに、そうせきって言うのはもちろん夏目漱石のことで、熊本に英語教師として赴任していたことがあるのです。市内には元の住まいも残っています。

で、私がいただきました太平燕。

234

欲張って同じく熊本名物の高菜ご飯と、唐揚げのセットを頼んでしまったらば案の定多すぎたsweat01 申し訳ないけどご飯は半分残しましたbearing

235_2

春雨がスルスルと口当たりよく、スープもおいしくてこっちは全部平らげました。好きだな~~heart04

しっかりお土産も買いましたよ。

016

カップにお湯を注ぐだけで太平燕が!これはよさそうだ~。

あとは現地では食べられなかった天草大王の炊き込みご飯の素。そして晩白柚キャンディー。こうしてみると熊本って珍しくておいしいものの宝庫だなぁ~。

しかし、九州新幹線同様、フレスタ熊本もガラガラでした・・・。大丈夫かいなcoldsweats01 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧