佐賀県

小城羊羹と須賀神社

昨日の記事の続きです。

そもそもなぜ小城に行きたいと思ったのかというと、恒例の【にっぽん縦断こころ旅を追っかけようシリーズ】のため。

2014年秋の旅で佐賀県を走られた時に、小城市には羊羹屋さんがいっぱいだ!と火野さんが言われていて、私も昔からそれは知っていたけれど行ったことはないなぁと思い立って出かけてみたものです。

小城公園を後にして、小城羊羹の元祖とも言われる村岡総本舗へ。

そしたら偶然!店の前で車を降りると目の前に火野さんが行かれた須賀神社の長い階段がありました!

195_1024x768

ホントに長ーーーい!

194_1024x768

これはお便りにもあったように、小さい子供には近づけないほどの威圧感があります。私ももちろん見ただけで登りませんでしたcoldsweats01

村岡総本舗は、昭和16年に建てられたという煉瓦造りの資料館と、お隣に蔵ふうの店舗がありました。

198_1024x768

197_1024x768

羊羹はお土産用と自宅用に買い求めました。

自宅用は、あまりたくさんあっても食べきれないかな?と8個入りの小さなものにしたのですが・・・。

294_1024x768

包装紙が素敵。とっておきたいくらい。

295_1024x768

このような小分けにしてあるものが食べやすいです。

これがメチャクチャおいしくてですね!甘い物はあまり食べない夫も絶賛で食べるし、私も夕食の後にペロッと1個食べたりして、あっという間に無くなってしまいましたcoldsweats01 もっとたくさん買えばよかった・・・。

通販もいいかな~。暑くなってきて水ようかんもおいしそうだし・・・。と、ハマっちゃってる私なのでしたbleah

| | コメント (0)

戒壇院と小城公園のクスノキ

一つ前の記事に書いた藤が咲いているところには、もれなくクスノキも生えています。

クスノキを見るといつも、あぁ九州に帰ってきたんだなぁ~と思います。東北には無い木なので。古い神社や公園にはたいてい見上げるような枝ぶりのクスノキがあって、心が静まります。

太宰府市観世音寺にはクスノキの並木を通って入りますし、

160_1024x768

その隣にある戒壇院には見事な一本のクスノキがありました。

170_1024x768

おおきい~~。

171_1024x768

戒壇院とは、出家者が正式の僧尼となるために必要な戒律を授けるために設置された施設で、奈良時代に開山されたそうです。

166_1024x768

太宰府も天満宮だけではない見所がたくさんありますよ。

そして佐賀県の小城公園にも大きなクスノキがありました。

179_1024x768

小城公園には初めて行ったのですが、広くてきれいでたくさんの花や木があってとてもいいところでした。

公園の中にある岡山神社。

181_1024x768

灯籠はなんと有田焼!

182_768x1024

なんだけど、二重に柵がしてあってよく見えませんsweat01

境内の梅の実がずいぶん大きくなっていました。

183_1024x768

違う季節にも行ってみたいなぁ。

| | コメント (0)

藤いっぱい

今回の帰省時(4月後半~5月始めにかけて)は、藤の花をあちこちで見ました。桜同様いつもの年より早い開花のような気がします。中には終わりがけのもありましたから。

いくつかご紹介しますと、福岡県太宰府市観世音寺の藤棚。

156_1024x768

157_1024x768

158_1024x768

自然に木にまとわりついている藤。すごいなぁ。

161_1024x768

お次は佐賀県小城市にある小城公園の藤棚。

188_1024x768

すばらしくきれいなのに私たち以外誰もいなかった~。もうかなり散っていました。

189_1024x768

房が長くて見応えがあります。

191_1024x768

そしてこちらが、国道387号線沿いの道の駅・せせらぎ郷かみつえにあった、白と紫の藤。

250_1024x768

251_1024x768

253_1024x768

なかなか大きくて立派な木でした。二色の取り合いがよかったな~。

桜が終わってもきれいな花はたくさんありますね。

| | コメント (0)

旧唐津銀行

旧唐津銀行は、唐津市の中心部にあり、東京駅を設計した辰野金吾の監修による建物です。

Img_0717_1024x768

Img_0714_1024x768_2

Img_0719_1024x768

隣接する駐車場が1時間100円かかりますが、入館料は無料です。

Img_0706_1024x768_2

この日は唐津焼の器の展示会が行われていました。

Img_0708_1024x768

金庫室の扉。

Img_0709_1024x768_2

2階の吹抜。

Img_0710_1024x768_2

2階の部屋。

Img_0712_768x1024_3

この建物は、BSジャパンで放送されている『空から日本を見てみよう+』で放送されたことがあり、その時はこの階段を上がって屋根裏も見せてくれてとてもおもしろかったです。

Img_0713_768x1024_2

普段はもちろん立ち入り禁止です。

実は番組を見てここに来たいと思ったのでしたconfident

唐津には何度も来たことがありますが、街は通り過ぎて呼子の方に行ってしまうので、こういう名所旧跡に立ち寄ったのは初めてですcoldsweats01

平成23年に改修されてこのようにきれいに保存されているそうで、展示室やホールも利用できていいですね。

唐津市にはこの他にも歴史的な建物がいくつかあるので、また機会があったら訪れてみたいです。

| | コメント (2)

与止日女神社のクスノキ

祐徳稲荷に行く前に、佐賀県大和町の与止日女神社に立ち寄りました。

0491

046_2

4月の終わりだったので、横を流れる嘉瀬川にはたくさんの鯉のぼりが泳いでいました。

0421

0431

きれいな新緑の中、気持ちよさそうに風に揺れる鯉のぼり。

境内には樹齢1400年とも言われる大きなクスノキがあります。

0401

福岡にいる時には気付かなかったけど、クスノキって東北にはないんですね。あまりに大きくてカメラに入りきれません。

なので、これは別の木。

0451

これでも充分大きいです。大きな木の下にいると、包まれる感じがするというか気持ちが落ち着きますね~。

祐徳稲荷の記事も写真と文を追加しました。

| | コメント (0)

祐徳稲荷のツツジと藤

昨日はとーってもいいお天気でしたので、佐賀県鹿島市の祐徳稲荷神社へ行ってみました。

祐徳稲荷神社は日本三大稲荷の一つで・・・ってあとの二つはなんだろ?伏見稲荷は入るよな。

0531

0581_2

外苑の斜面一面に、色とりどりのツツジが植えてあり、今は5~6分咲きといったところでしょうか。

藤の花は盛りで、見事でした!連休中はさぞかし賑わうことでしょう。

道路と川を挟んである境内の楼門。

0681

山の上に本殿と、もっと上には奥の院があります。

0691_2

本殿から見た、外苑のツツジの山の全景。

0711_2

福岡在住時代も一度も行ったことがないところで、こんなきれいな花があるとは知らず驚きました。ちょうど時期に行けてよかったです(*^_^*)

| | コメント (2)

有明海

今回の帰省でカニを食べに行った太良町は、有明海をはさんで諫早と反対側にあります。

諫早湾の干拓事業はニュース等でご覧になった方もいらっしゃるでしょうか。

有明海の西側に続く諫早湾を堤防で区切り、農地にするという計画。

ニュースでは、堤防がギロチンのようにバタバタと順に閉じていく、かなり衝撃的な映像も流れました。

その是非を私に論ずることはできませんが・・・。

032

遠くに霞んで見えるのが雲仙普賢岳です。こちらも噴火の時にはものすごい映像が放送されましたねー。

今回、その堤防の上を車で通れると知り、行ってみました。

039

左側にずらりと並んだ塔のようなものが、ニュースで流れたものです。

そして、堤防の右(内側)と左(外側)の海の色の違い!!!

042

一目瞭然ですね。

人口が減っていく日本において、新しく海を埋め立てて農地を作る必要があるのかどうか。

まったく色が違う海を眺めながら思ったことでした。

でも、その堤防の上を通って島原に行くのはとても近くて以前より便利でした。。。m(__)m矛盾してますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カニ〜♪

カニ〜♪

カニ〜♪

佐賀県太良町に竹崎ガニを食べに行きました。

茹でたてのカニが一人二杯\(^o^)/ カニ味噌〜卵〜\(^o^)/

その他にも焼きガキ、ヒラメの刺身、カニスープ、カニコロッケ、カニご飯、諸々。

お腹いっぱいで動けませんでした。夕食は抜きました(^^ゞ

(写真の向きは後日直します)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

有明海

有明海

太良町は有明海沿いにある、みかんの産地です。
海産物ももちろん美味しいです(*^_^*)

いいお天気で海も真っ青!もう夏の色です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)