東京

ARDEUR(アルデュール)のマカロン

さて東京土産にと小さくて東京駅限定の物を探していましたら、グランスタの中にあるアルデュールというお店のマカロンの箱が色もかわいかったのでこれに決定。

004_1024x768

東京駅の正面図がちょうどいい長さで。

中のマカロンは選べませんが、普段食べないものも味わってみるチャンスかと思います。

005_1024x768

ところが帰ってからよくよく見てみたら、なんと本店は福岡のお店で、市内のデパートに店舗もたくさんあるということがわかりましたcoldsweats01

ちょっとガックリsweat01 でも味はとっても美味しかったので、今度里帰りした時は好きな種類を買いに行こうと思いますwink

| | コメント (0)

KITTE

ステーションギャラリーを見て新幹線に乗る前に、もう一度外に出てKITTEに寄ってみました。

067_768x1024

068_1024x768

丸の内口を出てすぐ左側にあるこのタワー。東京中央郵便局の古い建物の一部を保存して生かした低層階と、新しく造った高層階からできています。

設計は三菱地所設計。内装は隈研吾さんだそうです。

071_1024x768

入り口の照明の一部にKITTEの文字が。かわいい。

中は1階の広場が吹き抜けになり、それを囲むように6階までお店や食べ物屋さんが並んでいます。

080_1024x768

081_1024x768

全部を見て回りたかったのだけど、もう足が棒のようになっていて動けず・・・。

4階にある旧局長室だけ見てきました。

078_1024x768

073_1024x768

局長室から見た東京駅。

074_1024x768

あ~あ、もっとゆっくり見たかったなぁ~。

今回の教訓。朝ホテルを出たら面倒でも東京駅まで来て荷物を預けること(持ち歩いたんで疲れ倍増)。オシャレ度は無視して歩きやすい靴を履くこと(夜のお店のことも考えてつい・・・)。

駅でお弁当を買って新幹線に乗り、帰ってきましたー。また行くぞー。

086_1024x768

グランスタに入っている、おこわ米八で買いました。うまかったー。

| | コメント (0)

東京ステーションギャラリー

マーチエキュートを出て東京駅に行き、時間までステーションギャラリーを見てみました。

064_1024x768

ちょうど、国鉄のキャンペーン『ディスカバー・ジャパン』のポスターや映像が展示してあって懐かしかったです。

展示室の中は撮影できませんが、ここもレンガの古い壁が内部のあちこちに生かしてありました。

056_1024x768

この回廊からの眺めはギャラリーに入った人だけが見られる景色です。

058_1024x768

061_1024x768

062_1024x768

ミュージアムショップでこんなかわいいマスキングテープを買いました。

001_1024x768

実はいわゆるマステというものを買ったのはこれが初めてcoldsweats01

山手線の駅名板と、丸の内駅舎の姿図です。

002_1024x768

使うのがもったいないcoldsweats01

こちらのショップも入館者だけが利用できます。駅で少し時間を作って、ゆっくり見てみるのもお勧めですよ。

| | コメント (0)

フクモリ@マーチエキュート

二つ前の記事の続きです。

マーチエキュートの中にはいくつかランチができるお店が入っていますが、私が選んだのはフクモリ

山形の温泉旅館、湯の浜温泉の「亀や」、天童温泉の「滝の湯」、かみのやま温泉の「葉山舘」による和食のノウハウを生かした・・・とHPに書いてあったことと、山形の食材を使っているということだったのでそれなら美味しいかな、と思ってconfident

048_1024x768

外観のアーチ型の通りに店内の天井もカーブしています。

050_1024x768

壁も古いレンガのまま。

052_1024x768

いただいたのはお肉の日替わり定食。豚肉の塩麹焼き。

051_1024x768

お肉はちょっと薄かったけどおいしかった。副菜の野菜の煮物が優しいお味でよかったな~。お漬け物が付いているのが山形らしくていいわぁ。ちょっとした箸休めにいいのよねー。

コーヒーも頼んでゆっくりできました。味も店内も好みだったので、また東京に行った時には寄りたいです。

| | コメント (0)

マーチエキュート神田万世橋

弥生美術館を出て、神田にあるマーチエキュート神田万世橋に行きました。

マーチエキュートとは、神田と御茶ノ水の間に昔あった万世橋駅の、構造や階段をうまく取り入れながら生まれ変わった商業施設です。

033_1024x768

昔の交通博物館もあった場所ですね。

032_1024x768

平面図はこんな感じ。

036_1024x768

古階段の入り口。古いタイルと新しいドアの対比がおもしろいです。

037_1024x768

ちょうどお昼の時間帯だったので、くつろぐ人たち。いいなぁ会社の近くにこんなオサレな場所があって。

038_1024x768

039_1024x768

神田川に沿って、アーチ状になった煉瓦の壁が並び、表からはそれぞれの店の入り口ですが、中は行き来できるようになっています。

042_1024x768

043_1024x768

川の方に出てみると長い回廊になっていました。

045_1024x768

ものすごくいい雰囲気なんですが、川はめっちゃ汚くてゴミがいっぱいでちょっと興ざめ。川もきれいにしたらいいのにな~。

二階に上がってみると、昔のプラットホームから中央線の線路がよく見えます。

055_1024x768

この線路が見えるカフェもありますよ。

昔、ホームから降りるのに使った階段。

054_1024x768

古い部分を生かしながら、うまくカフェや雑貨屋さんになっていて、とても素敵でした。

私もここでランチすることにしましょうhappy01

| | コメント (0)

国立新美術館と弥生美術館

今回の東京行きの目的は、美術展二つ。

一つ目は、国立新美術館で行われていたオルセー美術館展。

007_1024x768

設計は黒川紀章です。

中はとにかく広い!

008_1024x768

009_1024x768

この日もオルセーの他に、チューリヒ美術館展もやっており、やっぱり東京はてえしたもんだと思いました(あまちゃんふう)。

もう一つは、文京区弥生にあります弥生美術館

022_1024x768

東大の弥生門の前にある、緑に囲まれた小さな美術館です。

023_1024x768

お目当ての展示は、村岡花子と『赤毛のアン』の世界展

朝ドラの方は史実とはかなり変えてあって、原案を読んだ身としてはイライラすることも多かったのですが、こちらでは花子の写真や原稿、花子と村岡氏との間に交わされたラブレターや村岡氏から贈られた辞書なども展示してあって、とても楽しめました。

個人的には、大好きな児童文学者で翻訳家の石井桃子さんから村岡花子さんへの直筆のお手紙が見られたことが一番よかった!と思いました。

廊下に貼ってあった花子とアンのポスター。

021_768x1024

まだみんな若いhappy01

対照的な二つの美術館でしたが、こういういろいろな展示会が常に各所で催されているのも東京のうらやましいところです。

| | コメント (0)

エルチャテオ@銀座

夜はお友達とスペイン料理を食べました。

エルチャテオ銀座店です。

女子会コース3000円の始まり~。

まずはタパス盛り合わせ。

014_1024x768

生ハムとサラミとチーズとオリーブ。

飲み物はビールで。

015_1024x768

こういう時はワインが飲めないのが悔しいんですよね~。

続いてサラダ。

016_1024x768

いろんな種類のお豆がたくさん入ってます。スペインでも豆をよく食べるのかな。

続いてシャンピニオンのアヒージョ。パンを添えて。

017_1024x768

アヒージョって食べてみたかったので嬉しいhappy01 油が沸騰しているのでめっちゃ熱い。ニンニクの香りがすごい!

パンにオイルをいっぱいつけて食べました。美味しいけどカロリーもすごそうcoldsweats01

パンで結構お腹がいっぱいになったところへブイヤベース。

018_1024x768

魚介がいっぱいでこれにもパンをつけまくり。あぁ白ワインが飲めたらなぁ~~~。合いそうな気がするのになぁ~。

そして最後にパエリア!

019_1024x768

野菜のパエリアでした。これにもお豆がたくさん。上に乗っているチーズがすごい量で、ちょっと重かった・・・。もっと少なくてよかったかな~。最後にはチーズをよけてご飯の部分だけ食べてました。

さていつもの私ならこれで終わるところですが、女子会コースなのでこのあとデザート盛り合わせが~。

020_1024x768

ロールケーキのプレーンとモカ、チュロス、リンゴのコンポート、ベリー、たっぷりの生クリーム。コーヒーと共に。(写真は3人分です)

これはかなり苦しかった~pigチュロスは食べきれなかった。スミマセン。

普段、魚料理を焼酎で、というパターンが多いので、今日のコースはかなり斬新でした。今度はアラカルトでもいただいてみたいですhappy01

| | コメント (0)

ukafe(ウカフェ) @港区赤坂

先週の木金、東京に行ってきました。久しぶりー。

まずは赤坂のホテルにチェックインし、てくてく歩いて東京ミッドタウン・ガレリアまで。

001_1024x768

台風の影響を心配していましたがうまい具合に雨は上がっていました。しかしかなり蒸し暑いdespair

003_1024x768

ここら辺でいいお店ないかなーと検索して見つけた、 ukafe(ウカフェ)でランチ。

004_1024x768

サロンに併設されているカフェで、外側だけでなく体の内側もきれいにしましょうというコンセプトの基に作られたお料理のようですhappy01

12時過ぎに行ったのでしばらく待ちましたが、窓際のカウンターに座れました。

005_1024x768

玄米ご飯とハンバーグ、副菜が二つ。ポテトサラダ、豚肉とコンニャクの煮物。

お味はとても優しくて美味しかったです。ただ、主菜がハンバーグで副菜にも豚肉の切り身があるのはちょっとくどいかな。。。副菜は二つともお野菜メインでいいのでは?と思いました。お味噌汁は具だくさんでよかったです。

コーヒーもつけて1,390円でした。安くはないけど、場所代かなsweat01 近くに住んでいればまた行くと思います~。

| | コメント (2)

教文館

朝ドラ『花子とアン』、毎朝ツッコミまくりながら見ています。

最近ニュースで知ったのですが、村岡花子が勤めていた出版社が銀座の教文館の建物の中にあったそうです。

そこなら2年ほど前に行ったことある!

アントニン・レーモンド設計の古いビルであるということと、ちょうどその時は私の好きなローラ・インガルス・ワイルダーの企画展をやっていたので訪ねたのでした。

043

80年以上前の建物なのに、今の銀座の街にとけこんでいます。

中はレトロな雰囲気がそのまま残っていて、とても素敵でした。

048

045

046

047

企画展もとても興味深く、旅行中だというのに重たい児童書を何冊も買ってしまい、帰りが大変でしたcoldsweats01

最近は児童書が充実している書店が少ないので、やっぱ東京はいいなぁ~と羨ましかったです。

現在行われている村岡花子展も、やっていることは以前から知っていたのに行く決心がつかなかった~。今はもう毎日大混雑でなかなか入るのにも時間がかかるようです。

早く行っておけばよかったよ~bearing

| | コメント (0)

問屋国分@ソラマチ

ソラマチは、普通のショッピングビルに入っているようなファッションや雑貨のお店はもちろん充実していますが、それ以外にも外国の方が喜びそうな手拭いや和雑貨のお店がまとまっているコーナーや(食品サンプルのお店もあった)、展示のコーナーもとても興味深いものが多くて、時間がいくらあっても足りない感じでした。

展望ラウンジでも結構歩き回るし、途中で休憩をはさみながらでないと疲れてしまうのでご注意を。

この問屋国分もすごくおもしろかったです。国分という食品流通の会社のオフィシャルショップで、今では普通に見かける食品が最初に誕生した時のパッケージとか(カルピスやポカリ、調味料など)、国分の商品である缶詰が展示してあったり、日本全国の食品をずらりと並べてあったり。

これはお醤油。

112

お味噌。

113_2

お酒。

115_2

そしてこちらは全国のかりんとう!

114_2

私は自分が日本の南から北に移り住んだせいか、こういう地域特有の食べ物の違いとかにすごく興味があって、ひとつひとつじっくり見ていました。

お店の奥の方では、缶詰を使ったメニューがいただけるコーナーもあったようです。こういう企業独自のコーナーって、もっとあってもいいんじゃないかと思いました。

この5階のフロアには他にも墨田区の伝統や産業を紹介する、すみだ まち処というコーナーもあり、こちらも全部見て回るのが大変なほど充実した内容でした。

ただスカイツリーができてそこに新しいショッピングビルができたというだけじゃなくて、もともとこの地にあった産業を紹介するのはすごくいいと思いました。昔からここには暮らしがあり伝統があったということを知るいい機会だと思います。

朝10時から行って4時近くまでいましたが、ソラマチを全部見るのは不可能でしたdash 次回は最初からこちらを目指して、今回は行けなかったゾーンを制覇したいと思いますwink

| | コメント (0)