« さぬきうどん ○讃(まるさん) (3) | トップページ | 最上川千本だんご(2) »

地下鉄東西線トンネルウォーク

(今回写真が多いです)

来年12月6日に開通する地下鉄東西線

その工事途中のトンネルや線路を見られるイベントがあるとのことで、申し込んだら当選しました!300人の定員に1500人の申し込みがあったそうで、くじ運が悪いのに当たってびっくり。(結果的には定員を500人に増やしたようです)

指定された時間に国際センター駅の前に集合します。

024_1024x768

ヘルメットをかぶって出発!

工事途中の国際センターの階段から地下へ向かいます。

029_1024x768

駅から東へ歩き出すと、すぐに光が見えて・・・。

032_1024x768

広瀬川にかかる橋梁に出ます。

033_1024x768

国際センターの方を振り返ったところ。

035_1024x768

東西線の概要や、

034_1024x768

高低差の説明があります。八木山まで行くのですごい差がありますね!

036_1024x768

橋梁から見た大橋(大町から博物館の方へ行く橋)。

044_1024x768

橋梁から見た仲の瀬橋(仙台西道路と48号線)。

047_1024x768

この橋梁の下は、河川敷公園になるそうです。右が工事中、左が完成予想図。

054_1024x768

線路と陸路、両方走れる作業車。

052_1024x768

鉄道というものは、土台を敷いてから枕木、線路と置いていくのかと思いきや、枕木と線路はもう設置されているのに今から土台のコンクリートが打たれるそうです。線路と枕木はジャッキで持ち上げられています。

050_1024x768

できあがったのはこちら。

037_1024x768

続いて西公園の下に入っていきます。

053_1024x768

056_1024x768

作業車や緊急車両用の線路との切り替えポイント。

062_1024x768

手動で切り替えの様子も見せてもらえました。

067_1024x768

作業車。

065_1024x768

リアクションプレート。東西線はリニアモーター式のため、線路の間にリアクションプレートが設置されています。このプレートと電車の下にあるモーターの磁力で車両が動きます(よくわかってない

066_1024x768

どんどん歩いていきます。こちらは西公園駅。

072_1024x768_2

ホームと改札をつなぐエレベーター。

074_1024x768

掘削方法についての説明を聞きます。

078_1024x768

大きなカーブでも脱線しないように車輪をロックするガードレール。

080_1024x768

てくてく枕木の上を歩いて1.5キロ。

079_1024x768

一番町駅に到着~。

084_1024x768

ホームに設置されたエレベーターです。

087_1024x768

改札階に来ました。お手洗いの機器などはもう設置されていました。

088_1024x768

089_1024x768

柱があるところが改札口になります。

090_1024x768

駅員室の監視盤。

092_1024x768

非常用監視盤。

093_1024x768

券売機が設置されるところです。

095_1024x768

ふぅ~、楽しかった!

地下4階から、階段を上って出てきたのは、青葉通とサンモール一番町商店街との交差点。

097_1024x768

この辺りは広瀬通駅からはちょっと遠くて、私はあまり来たことがないのですが、東西線ができたらたびたび寄ってみたいですねぇ。

滅多にできない体験、とても興味深い時間を過ごすことができました。

帰りにはパンフレットとメモ帳とシール、それとお水もいただきました。

099_768x1024

広瀬川の源流のお水だそうです。5年間保存できるそうなので当分とっておこう

|

« さぬきうどん ○讃(まるさん) (3) | トップページ | 最上川千本だんご(2) »

宮城県」カテゴリの記事

コメント

開通前のトンネルウォーク
貴重な体験だったね
タモリさんが行きたかっただろうな~

投稿: りぽりん | 2014年12月 1日 (月) 19時13分

りぽちゃん♪

あら~お久しぶり!
来てくれてありがとう(^o^)

うん、途中で何度かタモさんのこと思い出したよ
券売機のとことか特にね
まだ開通まで1年あるから
新番組のブラタモリで来て欲しいね

投稿: はかたっこ | 2014年12月 2日 (火) 18時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さぬきうどん ○讃(まるさん) (3) | トップページ | 最上川千本だんご(2) »