« まんさく農園食堂の天ざるそば | トップページ | 秋の手ぬぐい »

アケビの肉詰め

他の地方ではアケビの中を食べて外側は捨てるのに、山形では外側を食べる・・・と、こちらに来てから知りました。

山形市のホームページより→

実は私はアケビの中身も食べたことがなかったので、皮を食べるのがそこまで不思議かどうかもよくわかってないんですが、義母が作ってくれる肉詰めはどっちにしろ美味しいので文句はないです

140915_114902

140915_115756

ひき肉ではなく、細切れ肉を小さく切って使うのが義母流。きのことお味噌で和えて、油で焼き付けます。蓋をして蒸し焼きにすると柔らかくなるそうです。

苦みがあって大人の味~。ビールによし、日本酒によし

|

« まんさく農園食堂の天ざるそば | トップページ | 秋の手ぬぐい »

山形県」カテゴリの記事

おうちでごはん」カテゴリの記事

コメント

私ね、山形独特の料理、すごく気になる。

「だしそば」はうちの定番になったし、「ひょう」の酢味噌和えは、私の小さい頃の普通のおかずだった。今年も畑に勝手ににいっぱい生えたので、何度か作りました。

アケビの皮はね、テレビで見てから味噌いためを作ってみました
ちょっと苦味と歯ざわりのあるナスの味噌和えって感じでした。
中身の方も美味しいんだよ♪

投稿: パコ | 2014年9月20日 (土) 23時39分

パコしゃ♪
ケンミンショーでやることってあまりにも地域限定過ぎて「違う~」って思うことが多いみたいだけど、山形のネタはたいていその通りで間違いないのよね。
ネタの宝庫みたいです
アケビのことも、夫は中身を食べるって知らなかったよ。

投稿: | 2014年9月21日 (日) 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まんさく農園食堂の天ざるそば | トップページ | 秋の手ぬぐい »