« いわまの鰻 | トップページ | 七夕チーズケーキ »

山の中でそうめん流し

この『そうめん流し』という言葉、全国的には『流しそうめん』と言うようですね。

しかしながら福岡ではずーっと昔の子供の時から『そうめん流し』です。なのでコレを使って話したいと思います

毎日暑い日が続く日曜日、あづま総合運動公園の北側の山奥に車で20分ほどの吾妻庵に行きました。

ずいぶん昔に福島の友達に教えてもらっていて、ずっと行きたいと思っていたのです。

こんなに進んで大丈夫か?と思うほど走ると突然たくさんの車と人がいてビックリ。

こういう涼しげな滝の前で、

016_1280x960

こういうふうに座って、目の前の溝を流れてくるそうめんを食べます。

0141

なんかおもしろそう~

017_1280x960

取り切れずに流れていった分は使い回しだろうか?という疑問を飲み込んで、食べ放題に臨みました。

そうめんだけだと飽きちゃうので、クレソンの天ぷらとマスの塩焼きも頼みました。

022_1280x960

お味はまぁ、普通にそうめんでした 水が思ったほど冷たくなかったのでイマイチだったかなぁ~。

あと、そうめんの水がよく切れないので漬け汁がすぐ薄まってしまい、追加のタレもなくなって後半はほとんど味のないぬるい麺を食べることになってしまった

相当お腹いっぱいになるまで頑張ったけど、元は取ってないなぁ。(大人一人1100円、クレソンとマスのセットで1600円)

ま、夏休みの楽しいイベントといったところでしょうか

食べる場所には屋根がかかっているので雨の日でも大丈夫です。釣り堀もあって、暑い中やっている人がいました。

140726_131730


↑携帯で撮ったので色が変です。

山の中でも全然涼しくなくて、心地いいのは滝の前だけでした。食べる時は汗が引いて楽でしたよ

|

« いわまの鰻 | トップページ | 七夕チーズケーキ »

福島県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いわまの鰻 | トップページ | 七夕チーズケーキ »