« 糸島・櫻井神社 | トップページ | 山菜づくし »

朝倉クスノキ巡り

5月始めに福岡入りした夫が、東北にはないクスノキの巨木が見たいというので調べて行ってきました。

鉄道などと同様、このジャンルでも全国をくまなく回って調べていらっしゃる方のホームページがあり大変参考にさせていただきました。こちら→

福岡県のちょうど真ん中辺りといえばいいのか、鳥栖ジャンクションから大分方面に少し行ったところにある朝倉市。

下古毛(しもこも)地区は朝倉インターより南東に1.5㎞ほど。近付いていくと大きな木が見えるのですぐわかります。

『下古毛の大クス』

Img_0676_1024x768

おっきー!

Img_0680_1024x768

おっっきー!幹が太いー!

樹齢何年くらいだろう?と立て看板を見ますと・・・。

Img_0673_1024x768

推定400年~900年!!めっちゃ幅あります(≧∇≦) とにかくすごく古い、ってことで

下に行って見上げるとこんな感じ。

Img_0677_1024x768

さわさわと鳴る葉っぱや枝の下にいると、確かに木に力があって守られているような気持ちになります。

この集落に住む人たちにとってはまさに鎮守の木であることでしょう。

続いていったのは1㎞ほど西にある『隠家森(かくれがのもり)』

Img_0687_768x1024

これも大きい!

なんと樹齢1500年以上とのこと。

Img_0683_1024x768

近付いてみると看板にある通り、真ん中は空洞になっていました。

Img_0688_1024x768

これだけ樹齢を重ねると枝が全部自力でもっているのも大変なのでしょう。最初に見た下古毛の木がいかに頑張っているかわかります。

三ヶ所目は朝倉インターから北東に2㎞ほどの宮野地区にある『志賀様の大クス』

Img_0696_768x1024

毎回同じ事言ってますが、大きい・・・。

Img_0697_768x1024_2

↑もっと近付いて日本語の部分を拡大しなければ、後から見ても見えませんね。反省です。

Img_0700_768x1024

根元に大きなウロがあって、人も入れそうな大きさでした。

今回見たどの木も近くにお社がまつってあり、回りはきれいに手入れされていて、地域に大切にされているのがわかります。

大きな木というのはその下にいるだけで気持ちが安らいで、力が湧いてくるものだなぁと強く感じたことでした。

福岡にはまだまだたくさんの巨木があり、ここまで古くなくても大きなクスノキはあちこちにあります。帰省の時には散歩の途中にでもまた探してみたいと思います。

|

« 糸島・櫻井神社 | トップページ | 山菜づくし »

福岡県」カテゴリの記事

コメント

うわぁ~~
大きなクスノキね
大きな木ってこっちでは見かけないなぁ~

投稿: みふ | 2014年5月20日 (火) 13時22分

おこんばんは♪

呼ばれてなくても来ました(笑)

大きな大きな楠、いいですね。
木肌をぺしぺし触りたくなります。
昔々は、関東にもクスノキはなかったそうで、
九州各地の大名様たちが江戸屋敷に持ってきたのが関東でのクスノキの始まりだそうですね。
巨木・大木って、そばにいるだけで、
なんだか幸せになってしまいます♪
^^

投稿: DEKU | 2014年5月20日 (火) 18時13分

みふちゃん♪
古い神社とかに行くとあるかもよ。
ドライブの途中にでも探してみて~

投稿: はかたっこ | 2014年5月20日 (火) 23時53分

DEKUさん♪

>九州各地の大名様たちが江戸屋敷に持ってきたのが関東でのクスノキの始まり

へーーー!!そうなんですね!!
また一つ賢くなりました φ(..)メモメモ

ほんと、大きな木の下にいると包まれている~~としみじみ感じます。

投稿: はかたっこ | 2014年5月20日 (火) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 糸島・櫻井神社 | トップページ | 山菜づくし »