« 糸島・白糸の滝 | トップページ | 朝倉クスノキ巡り »

糸島・櫻井神社

白糸の滝に行ったのとはまた別の日、ドライブの際、糸島の櫻井神社に立ち寄りました。これまた人生初の訪問。

櫻井神社は黒田二代藩主黒田忠之(ただゆき)によって創建されたもので、筑前の信仰の拠点なのだそうですが今まで行く機会がなくて

カメラのカードがいっぱいになっちゃって携帯で撮ったので写真はあまりなくて、上のサイトを見ていただきたいのですが、境内には八つの神様がまつってあり、災い除け・病気平癒・国家守護・農業・勝負・縁結びと、全部お参りしたら人生うまいこと行き過ぎ!ってくらい御利益満載の神社です

140503_134742

また、森の中を抜けていく櫻井大神宮の方には茅葺きの外宮と内宮があって、とても静かで凛とした空気が流れていました。

Img_0748_1024x768

Img_0749_1024x768_2

木々の間を通って戻る途中、またまた見たことのないお花を発見!

140503_140150_2

葉っぱはシソのようですが、真ん中に通った茎の周りを薄いピンクの花がぐるっと囲んでいます。

そしてこちら。

140503_140205

長い葉がついた茎の下に薄い黄色の花がずらりと並んでついていて、とても不思議~。上から見たら花は見えないのです。

今回ほかにもあちこち行きましたが見たのはここだけ。自分でも調べてみたのですがわからず

おわかりの方おられましたら教えてくださいませm(__)m

|

« 糸島・白糸の滝 | トップページ | 朝倉クスノキ巡り »

福岡県」カテゴリの記事

コメント

おはようございま~す♪

また呼んだ?(笑)^^

今度は2種ね。
ひとつめは、難しいな。
シソの葉に似ている、花は円形花序、
円形に咲く花は、クリンソウとか、クルマソウとか、
あとはシソ科で調べていくか・・
ちょっとお時間ください。


2つめは、すぐにわかりました。

ナルコユリ 鳴子百合
Polygonatum falcatum
ユリ科 アマドコロ属

投稿: DEKU | 2014年5月17日 (土) 04時22分

はい、わかりました♪

1つめの花は・・

オドリコソウ 踊子草
Lamium album L. var. barbatum
シソ科 オドリコソウ属

ちょっと大きさがわからなくて、
すぐにはピンと来なかったんですが、
あ~そうだこの咲き方・・

道端などでは、雑草扱いされている
「ヒメオドリコソウ」をよく見かけると思いますが、
本来、オドリコソウのほうが日本の自生種で、
ヒメの方は外来種です。

外来種って、なんでもかんでも強いよね~。

・・・ってことで、
2つ、解決しました~♪

投稿: DEKU | 2014年5月17日 (土) 04時32分

DEKUさん♪
呼びました呼びました(^^ゞ

踊子草と鳴子百合・・・。どちらの名前も由来がよくわかって素敵ですね。

姫踊子草の方も調べてみましたが、確かにコレはよく見る。私はあまり好きじゃないなぁ。

在来種の踊子草、頑張って欲しいです。
本当に小さな花の精がピンクのチュチュを着て踊っている姿のようですね。


東北にもあるのかなぁ。見つけてみたいものです。
2日連続でお答えいただいてありがとうございましたm(__)m
感謝します(^^)

投稿: はかたっこ | 2014年5月17日 (土) 12時26分

御利益がありそうな神社だね
ピンクのお花変わってるね
とっても可愛いお花だね

投稿: みふ | 2014年5月17日 (土) 20時48分

みふちゃん♪
全部お参りしたらすごい幸運がありそうだよ
お花かわいいよね~

投稿: はかたっこ | 2014年5月18日 (日) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 糸島・白糸の滝 | トップページ | 朝倉クスノキ巡り »