« 日田彦山線沿線の木造駅舎(2) | トップページ | 東峰村・石積みの棚田 »

日田彦山線沿線の木造駅舎(3)

この日最後の駅は路線名にもなっている彦山駅。

筑前岩屋駅からはクネクネした山道を通って8キロ近くあります。列車の方は長いトンネルになっています。

298

今までの駅と比べるととっても大きい!

302

駅の前にも掲げてあるように、山伏の修験道としても有名な英彦山(山の名前には“英”の字がつきます)への玄関口で、駅舎も英彦山神宮を模して造られています。

多分昔はもっと乗り降りするお客さんで賑わったのでしょうけど、今は淋しい無人駅。ここにいたのは私たちの他には時刻表とカメラを持った青年が二人だけでした~

289

292

294

296

なんだかもったいない空間ですね~。そうはいっても私だって見に来てるだけで列車を利用しているわけではないから何も言えないんですけど・・・。

でもこの駅巡りドライブ、どの駅も味があってすごくよかったです。途中の景色も晴れてきれいで楽しめました。できるだけ長くこれからも残っていて欲しいです。

|

« 日田彦山線沿線の木造駅舎(2) | トップページ | 東峰村・石積みの棚田 »

福岡県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日田彦山線沿線の木造駅舎(2) | トップページ | 東峰村・石積みの棚田 »