« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

平清水焼でイタリアン

久しぶりに山形の友人とランチ。

先日お蕎麦を食べた紅の蔵にあるもう一軒のお店、Cafe&Dining 990(クックレイ)に行きました。お茶したことはあるけど食事は初めてです。

日替わりのパスタセット990円に、500円プラスして前菜とデザートをつけました。

前菜はホタルイカのマリネとサラダ。

045

器が平清水焼です これは七右衛門窯ですね。うちにもいくつかあります~。

そして普段お漬物入れにするような蓋付きの器には・・・

046

ミネストローネが~。おもしろい使い方だなぁ。

パスタは、うるいとサーモンのクリームソースを。

049_2

春は山菜を食べなきゃね お味はとってもよかったです。

友人は水菜と豚肉?だったかな?のペペロンチーノ。

047_2

コーヒーも平清水焼で。

050_2

これかわいいな~。縦長のお湯飲みは家にもあるけど、こういう形だとコーヒーも入れられるわけか。

デザートは、私が低糖質クレームブリュレ、友人が2色のアイスでした。

051_2

低糖質という言葉に惹かれて頼んでみたけど、普通に甘くて美味しかったです。

デザートやパスタも和の器にしていいんじゃないかなぁ~。

お客さんには一人で来ているご年配の方も多くて、「いつもありがとうございます」や「いつもの席で」などの会話がされていました。いいですね、街中にそういうお店があるって。

建物の様子は以前の記事をどうぞ→

| | コメント (0)

ハンカチの木

仙台市の野草園に10日ほど前に行った時、ハンカチの木を初めて見ました。

写真では見たことがありましたが、実際には木がどこにあるのかもわからず、たまたま立ち寄った野草園でちょうど開花時期に当たってよかったです。

024

026_2

本当にひらりとしたハンカチのようです。

023

白い部分は花びらではなく、苞(ほう)だということです。

この木はすごく高いところに花があって、ズームでやっと撮りました。木全体も回りにたくさん他の木があって撮れず。

もっと近くで見てみたいよ~。どこか他にもないかな~。

| | コメント (2)

Japanese Cuisine 菜な

帰省時の話題、もう少し続きます。

昔の同僚たちと飲みに行ったのは、春吉にある Japanese Cuisine 菜な(ジャパニーズ キュイジーヌ なな)です。

天神南駅から歩いて5分ほど、掘り炬燵式の個室なのでゆっくり話ができます。

まずはビール。

131

突き出しは青菜と油揚げのお浸しです。

こちらは前もって予約しておいた刺身盛り。

132_2

白身はオコゼだったか・・・もう忘れちゃいました アワビの殻にも刺身や肝やいろいろ乗っていたんですが覚えてない・・・。メモしとかないとダメですね。美味しかったのは確かです。

続いて、あれば必ず頼むゴマサバ。

134_2

こんなお上品なゴマサバ見たの初めて!甘めのゴマだれがトロリとかかっています。

続いて初体験、お馬さんのタテガミ。

135

もっと油っこいのかと思っていましたがそれほどでもなく、ちゃんと馬刺しの味もして美味しかったです!

こちらは天草大王もも肉の陶板焼き。

136_3

天草大王も初体験でした。5人でいただくには量少なめ

どんどん行きます。海老とアスパラガスの春巻き・スイートチリソース。

138

小蕪と春菊のグリル・生ハム添え。

139_2

牛すじ煮込み。

140

炙り旬菜のバーニャカウダ。

141_2

バーニャカウダというものも初体験でした。いろんな人と行くと自分が食べたことがないものも試せていいですね

まだ行きます。焼き魚・・・なんだったか忘れました

142_2

最後に天然水仕込みお豆腐。

143_2

とまぁ、こんなところ。5人で分けましたので、そんなに食べてはないですよ。

一品一品の量は少なめなので、少人数でも楽しめると思います。焼酎やお酒も揃っていますし。

私もまた行ってみたいと思います。

| | コメント (0)

アクロス福岡のステップガーデン

アクロス福岡は天神にある複合施設で、旧県庁跡地に建っています。外壁が階段状の庭園になっていて、竣工当初は緑は全然育ってなくて、何これ?と思ったものでした。

それが昨年の7月の放送された『美の壺』の空中庭園の回を見てびっくり。ビルの片面全体が木に覆われていて山のようになっています。

これは自分で見てみたい!と先月行ってみました。

ビルの中から見ると、そんなに覆われている感じはしなくて光も入ってきます。

200

でも外から見るとこんなに!

226

では上ってみましょう。

その前に解説をどうぞ。(クリックすると大きくなります)

220

223

こんなふうに上って下りて一周できます。

224

2階まで上がっただけでもう緑に包まれます。

202

203

滝や池も作ってあって、散策している方もちらほら。

205

見晴らしよくなってきた~。

207

隣の公園の芝生が四つ葉のクローバーの模様になっているなんて知らなかった~。

208

お昼休みの時間だったので、くつろいでいる人もいますね。

209

頂上から下を見ると、ビルの上にいるとは思えないほど緑があふれています。

212

20年近く経ってここまで見事な空中庭園になってたんですね~。日頃管理をされている方の大変さが思いやられます。

214

216

219

225

天神でのお買い物に疲れた時はぜひ立ち寄ってみてください

ところで四つ葉のクローバーの芝生の上で寝転がっていた人は、下まで降りてきてよく見ると、傍らにビールの缶とコップと、なぜが赤ワインの入ったグラスを置いて!お休みになってました なんちゅうか福岡らしいっちゅうか

| | コメント (0)

東峰村・石積みの棚田

駅舎巡りをしている時に東峰村の中をずっと車で通ったわけですが、車窓から見える棚田がとてもきれいでした。

283

今は休耕田になってるっぽいですが・・・。棚が小さな石を積み上げて造ってあって、とても見事なのです。

284

ここだけじゃなくて、道すがら見える範囲はずっと。昔の人はどれだけ時間をかけて山あいを開拓して石を積んでいったことか。

287

日本の棚田百選にも選ばれているそうです。

278

線路の土手に植えてあるツツジも満開できれい~。

281

大行事~筑前岩屋間の橋梁。

282

こんなきれいな景色がたくさん見られて本当にいいドライブでした!

福岡でもまだまだ行ったことがないいい場所がたくさんあるんだな~と実感しました。

| | コメント (0)

日田彦山線沿線の木造駅舎(3)

この日最後の駅は路線名にもなっている彦山駅。

筑前岩屋駅からはクネクネした山道を通って8キロ近くあります。列車の方は長いトンネルになっています。

298

今までの駅と比べるととっても大きい!

302

駅の前にも掲げてあるように、山伏の修験道としても有名な英彦山(山の名前には“英”の字がつきます)への玄関口で、駅舎も英彦山神宮を模して造られています。

多分昔はもっと乗り降りするお客さんで賑わったのでしょうけど、今は淋しい無人駅。ここにいたのは私たちの他には時刻表とカメラを持った青年が二人だけでした~

289

292

294

296

なんだかもったいない空間ですね~。そうはいっても私だって見に来てるだけで列車を利用しているわけではないから何も言えないんですけど・・・。

でもこの駅巡りドライブ、どの駅も味があってすごくよかったです。途中の景色も晴れてきれいで楽しめました。できるだけ長くこれからも残っていて欲しいです。

| | コメント (0)

日田彦山線沿線の木造駅舎(2)

宝珠山駅を出ましてすぐ隣の大行司駅へ。

これまたとってもかわいらしい小さな駅です。

256

269

駅の裏には長い階段があって、ツツジが満開でした。

257

この階段は急いで上るには結構キツイかも。段の高さもまちまちで、下りる時につまずきそうで要注意です

263

264

宝珠山駅と違ってこちらはホームが2本です。

高い場所にあるだけあって、見晴らしがよくていい気持ち。

266

267

この辺は昔、宝珠山村って名前だったと思うのですが(今は東峰村)、村の名前のついた宝珠山駅より、こちらの大行司駅の方が村の中心部にあるんだと知りました。

さてもう一つ隣の筑前岩屋駅。

275

ここも木造ではあるけれど、新しくて今風なので興味なし(すまん)。ってことで表の写真だけ。

平成の名水百選の一つ、岩屋湧水が駅のすぐ前に湧き出ていて、汲みに来ている人が何人かおられました。

次はもう一つお隣の彦山駅へ向かいます。

| | コメント (0)

日田彦山線沿線の木造駅舎(1)

このGW中、福岡はお天気続きでとても気持ちのよい毎日でした。

そんなある一日、木造駅舎を求めて日田彦山線沿線をドライブ。まずは宝珠山駅を目指します。

大分自動車道の杷木インターで下りて、東峰村の中心地を通り過ぎた奥にきれいな駅がありました。

231

253

無人駅で半分はコミュニティセンターとなっています。

254_2

駅の中。

240_2

列車は2時間に1本くらい

239_2

改札口も木製のままです。

237_2

236

県境の駅と書いてありますね~。どこだろう?とホームを歩いてみたらすぐ見つかりました。

246

おもしろい~ でも駅のある場所としては福岡県ということになってるんですね。

ちょうど列車がやってきたので嬉しくてパチリ。

242_2

きっと運転士さんは「撮るだけじゃなくて乗れよな~」と思われたことでしょう ゴメンちゃい。

| | コメント (0)

糸島の金山寺納豆

何ヶ月か前、『青空レストラン』の糸島特集の時に見て、食べてみたいと思っていた金山寺納豆。

産直市場伊都菜彩で売っていたのでゲット。

392

納豆と昆布、人参と米麹、醤油とみりんを合わせたものです。納豆と言っても糸はほとんど引きません。

めっちゃ美味しいご飯の友です。あっという間になくなりそうなので、一回につき二口分くらいずつ食べています。もっと買えばよかった

| | コメント (0)

前原・古材の森

前記事の花野季に続きこちらも古いお家をカフェにしているお店です。

前原駅前の国道から2本北側にある旧唐津街道に面した古材の森(こざいのもり)。

186

前原駅前は何十回も通ったことがありましたが、そのほんの近くにこういう古い道が残っていたとは全く知りませんでした。

189

185_2

暖簾をくぐって奥に進むと玄関があり、靴を脱いで上がります。

184_2

座席は畳席と椅子席。

173_2

175_2

広縁からは緑がきれいなお庭が見えます。

170_2

いただいたのは、古材の森ランチ。

179_3

と、糸島ランチ。

180_2

花野季と同様、こちらも薄味で野菜がいっぱいヘルシー。

あまりご飯のおかずにならない味付けのためか、ご飯が結構余ってしまいました。私が風邪気味で食欲がなかった(なら出歩くなって話ですが)せいもあるかもしれませんが

でも花野季の方が、天むすだったりおこわだったり、ご飯はご飯で食べられるようにしてあるので、おかずが薄味でも箸が進むかな~とは思いました。

古材の森ランチのデザート。

181

糸島ランチのデザート。

182_2

2つのランチは500円違いますが、私は糸島ランチの方でボリュームも充分だと思いました。

お部屋に飾ってあった額。

177_2

遠くから見た時はパステル画かな~?と思ったんですが、近くに寄ってみると刺繍でした!

178

か、かわいい!!  サンプル集からちょっとずつ選んで刺してみた感じ。あ~やりたいなぁこんなの・・・。

最近はこういう古い建物を壊さずにうまく使っているお店が増えてきたようで、古い物好きの私としては嬉しいです。調べてみると他にもこういうお店がまだあるので、次回の帰省時にもいろいろ行ってみたいです。

| | コメント (0)

花野季・母屋

福岡で友人に勧められて行ってみました。おやつモダン花野季(かのき)と隠れ家カフェ母屋。

野方と今宿の間の県道561号線から入って、私の運転技術では一回で曲がりきれない狭い交差点から駐車場へ。歩いてすぐに見える、外観はごく普通の民家です。

122

中に入ると、とっても居心地よくてくつろげる空間でした。

120_2

畳敷きのコーナーも椅子席もカウンターもあります。

私たちは緑がまぶしいカウンターに座りました。

113

いただいたのは、私が『海老天むすびと数種のおそうざい』

118_2

一緒に行った母は『かしわのご馳走おこわ』

117_2

海老天むすびはとっても美味しかったんですが、おむすびの握り方がゆるくてご飯がボロボロにほぐれちゃってかなり食べにくかったです

おかずはどれも薄味でヘルシー。おこわは少しもらってみたところ大変美味でした。

ドリンクはコーヒーとカフェオレ。

119_2

窓の外の緑がコーヒーに映ってる

お店には2階もあって、貸切用のお部屋のようでした。

玄関のすぐ上には中2階があってそこには和の雑貨が並べられています。

114_2

そしてプリンや和菓子の販売も。

半熟プリンと、だけプリンを購入して家でいただきましたが、おいしかった~~!

124

こちらは仙台に帰ってからのお楽しみにしていた和三盆くるみクッキー。

397_2

クルミとアーモンド粉がホロホロの優しい口触りで、大事に一つずつ食べています。

他にも美味しそうなデザートがたくさんあったので、次はお茶しに行きたいな~。席もいろいろ座ってみたい。

教えてくれた友人に感謝です!

| | コメント (0)

ごぼ天うどん食べ比べ

今回の帰省時には何回かうどんを食べる機会がありました。

頼むのはいつもごぼ天うどん。

というわけで各お店比較~

まずは全国チェーン丸亀製麺

130419_120802

ここのは太くて短い!かなり噛み応えがあります。

今回初めて知ったことですが、全国チェーンとは言っても地方色があるんですね。仙台にはごぼう天は無いですから・・・。

多分福岡でお店を開くに当たって、たとえ普段讃岐うどんの店にはなくても、ごぼう天がないうどん屋なんて博多っ子には認めてもらえん!という話になったのではないかと想像します

続いて北九州市を中心に店舗を構える資さんうどん

230

ここのが美味しかった!!

ゴボウは細めの長切りで、食べやすく風味も残っていてちょうどいい。うどんも美味しいし、とろろ昆布が入れ放題なのも珍しくてよかった~。

福岡に昔からある地元のうどん屋さん危うし!と思うほどでした。

最後に久留米で食べた人力うどん。(写真はわかめ+ごぼ天です)

331_3

ここはささがきゴボウの天ぷらです。食べやすいけど風味はちょっと少なくなっちゃうかな。

うどんも汁も美味しかったけど、資さんうどんの旨さにはちょっと敵わなかった。

そういうわけで、次回もいろいろ食べてみたいですが、資さんうどんにももう一度必ず行きます!

牧のうどんの記事はこちら→ フリッターふう

因幡うどんの記事はこちら→ 斜め切り

| | コメント (2)

戻りました!

仙台に戻ってきました。

なかなか携帯からはアップできず写真がたまりまくってます。

明日からどんどん更新できるといいなぁ~。

とりあえず今日は休みまっす。

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »