« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

会津若松・鶴ヶ城とあいづ家

先週の土曜日福島から高速バスで会津若松に向かいました。

この日はとてもいいお天気!磐梯山は上半分が紅葉しています

027

会津へ着いたらまずは鶴ヶ城へ。

032

予想はしてましたが、そこら中に来年の大河『八重の桜』の幟がいっぱい!とにかく力入ってます。

035

お堀の紅葉がきれい。

0511

0521

お城も青空に映えます。

0501

天守閣からの眺めも大変よいです!磐梯山が見える。

042

0431

0451

お城からバスに乗って七日町へ。

古い建物が残った町並みは雰囲気があって大好きです。

056

058

そんな趣のある建物の一つ、『食彩アトリエ あいづ家』でランチを。

おまかせコース 1575円~。

前菜。パンプキンスープとサラダ(人参ドレッシング)、ソーセージのパイ包みとキノコのマリネ。

059

メインのハッシュドビーフオムライス。

061_2

そしてデザート。お店でテイクアウトもできる、ゆず味噌アイスとアップルケーキだったかなー?

062_2

おいしくてお店の方も感じがよくてよかったです。大人数で行った私たちを気遣っていただいて、バラバラに座っていたのを席が空くと近くに変えてくださったりしました。

店頭ではかわいらしい雑貨も販売していて、時間があればゆっくり見たかったです。

七日町も散策したかったけれど、バスの時間の関係で滞在時間は3時間。帰りはダッシュで乗り場に駆けつけました。

心残りがたくさんあるので、またぜひ訪れてみたいものです。

会津の観光案内はこちらをどうぞ→

| | コメント (0)

円盤餃子 満腹

金曜の夜、福島の元祖円盤餃子の満腹へ行きました。

020

円盤餃子。

017

水餃子。

016

円盤餃子の店で今まで行ったのは、山女餃子の照井

写真を比べてみるとわかりますが、この三店の中では一番小さめです。他の二店が油で揚げ焼きにした感じなのに対して、ここのは普通に焼いたようでさっぱりしていました。具も野菜たっぷりで餃子とは思えない軽さ

6人で30個×4皿。水餃子は7個入りを3皿いただきました。箸休めに枝豆と漬物を。

円盤餃子の店は必ず枝豆とキュウリの漬物がメニューにあるけど、決まってるのかな。

他にもいろんな店に行ってみたいな~。毎年一店ずつ制覇していこうかしら

| | コメント (0)

ラー油味ポテチ

日頃ダイエットダイエットと叫び、スーパーでは食材を吟味していても、発作的に食べたくなるこういうもの・・・

コンビニで見つけて衝動買い。

121011_131553

桃屋とカルビーのコラボ?

121011_133707

写真ではわかりにくいですが、かなり赤い!

そして匂いがすごい。ニンニクくさい。これは週末の夜しか食べられませんな。

その気になれば一袋一気にイケル私ですが、これはヘビーで無理でした。ビールのつまみにはよいかも

| | コメント (0)

辯天・特別純米原酒とつや姫

我が家の日本酒は現在充実しています~♪

009_2

013

山形県の蔵本、後藤酒造店が造っている辯天シリーズから2種。

つや姫の方は、川西ダリヤ園に行ったあとに道の駅で見つけて四合瓶を買い、おいしくてあっという間に飲んでしまったので、その後一升瓶を買いました

特別純米原酒はいただき物。来月両親が来るのでその時開けるつもりです~。

寒くなってくると酒の肴も日本酒に合うものが多くなってくるし、ちびちびやるのが楽しみですなぁ~

| | コメント (0)

コキアの紅葉

1週間ほど前のニュースで見て、これは行きたい!と思ったみちのく杜の湖畔公園

の、コキアの紅葉~!!!

0261

0311

すご~~~い!!

コキアは別名ホウキグサとも言い、葉や茎はホウキに、実は畑のキャビア“とんぶり”として食すそうです。

今まで庭先や道端で数株並んでいるところは見たことがあって、きれいだな~、好きだな~とは思っていましたが、この量はすごい!!!

近寄ってみると確かにとんぶりっぽい実がついてます。

0291

0191

葉の外側のピンクと、内側のまだ緑の部分の色合いが、たまらなく私好みです。植木鉢でも育てられるようなのでやってみたいな~。

0221

0551

0561

段々に植えてあるコキアの間を散策しながら自由に見て回れます。

赤い時期はあまり長くないそうですが、日陰になる場所にはまだ緑の部分もありました。お近くの方はぜひ

| | コメント (0)

200人分の豚汁

秋はイベント日和が続きますね

私はあまりそういうことに参加する機会はありませんが、こちらの某お祭りだけは毎年豚汁作りのお手伝いをしています。

どーんと200人分。

121013_100153

具材は前日に切ってありますので、当日はお湯を沸かして煮ていくだけ。

0461

なんだか風呂桶みたいですね

045

1杯150円で~す。おいしかったよ

| | コメント (0)

あすと長町・浜やのはらこめし

仙台市の南にある長町駅の東側で行われている大規模な都市開発地区・あすと長町

先日初めて行ってみました。

049

おっきなスポーツ用品店や、

051

レストラン棟

0521

間を抜けていくと、これまた大きなスポーツ施設が。

054

コンサートなんかもやるようになるのかな~。

新しい施設が続々とできるようで、ちょっとご近所の人が羨ましいですね。

その一画にある『漁亭 浜や

0551

名取市閖上にあったお店は津波に流されてしまいましたが、去年長町で再開しました。

お目当てはもちろん、この時期ならではの はらこめし~

057

わ~い!

058_2

はらこめしとは、鮭の煮汁で炊いたご飯に、切り身とイクラを載せた郷土料理です。

イクラはプチプチ、鮭はふっくら、ご飯は甘くてとーってもおいしかったです。お味噌汁もカニの身がちょっと入っていて、野菜もたっぷりで暖まりました。

今の時期はあちこちではらこめしが食べられます。いろいろ食べ比べしたいな~

| | コメント (2)

10月半ばの彼岸花

毎年不思議とお彼岸の時期に咲く彼岸花。九州も東北もなぜが同時に・・・と長年思ってきましたが、今年は今頃になって目にするようになりました。

やはり夏が暑すぎるのでしょうか?これからはずっとこうなっていくのかなぁ~。

0201_2

白い彼岸花。好きです。

0211_2

黄色いのも見てみたいのだけど、未だ目撃なし。

秋の木の実と一緒に。

0591_2

それからこちら。

0191_2

他にも花は咲いていたのに、これにだけモンシロチョウが群がっていました。この写真の中だけでも6匹います。

花の名前をよく知らなくて。。。調べてみたけど紫苑でいいのかな?

秋の花が盛りで、歩いていても楽しいです

| | コメント (0)

芋煮会2012

先週の三連休の最終日、毎年恒例山形の馬見ヶ崎川で芋煮会でした。

022

山形では、スーパーなどで道具は一式貸してくれます。もちろん材料はそこで買いますが。鍋、かまど、薪など揃ってます。

028

国産牛肉たっぷり

031_2

すっかりお馴染みの醤油味です。

バーベキューもいただいて。

030_2

〆にカレーうどんもいただいて。

039

今年もお天気に恵まれて楽しい一日を過ごすことができました。来年もみんな元気で会えますように~☆彡

| | コメント (0)

千歳山こんにゃく店

ダリヤ園に行く前に、山形市の千歳山こんにゃく店に立ち寄りました。

030

山形に来た当初、驚いた食べ物の一つが玉こんにゃく。そしてもっと驚いたのは、義理の両親がこれは全国にあると思っていたという事実

お祭りなどに出る玉こんは一串に4~5個刺さってますが、ここのはビッグサイズが3個。

028

大きい・・・

一口ではとても入らないので少しずつかじりました。

しかしこの日のはちょっと味が濃すぎた。。。すごくしょっぱい~ 以前はそんなことなかったので、たまたまだと思いますが。

口の中が醤油味になってしまったので、何か他にも食べたくなっておにぎりを頼みました。

029

こんにゃくよりお安い一個120円。(こんにゃくは一本150円です)。

このおにぎりも、ゆかりの塩味がきつかったなぁ~。そして握り方がゆるすぎて、かぶりつくとホロホロ崩れてしまう。おにぎりはある程度の力でギュッギュッと握らないと食べにくいですよね。

と、なんだか文句ばかりになってしまいましたが、気にせずまた行くつもりです。こんにゃくづくしの『こん定食』なるものもあるらしい。食べてみたいぞ。

| | コメント (0)

川西ダリヤ園

三連休の初日、山形県川西町の『川西ダリヤ園』に行きました。(川西では“ダリア”ではなく“ダリヤ”と表記します)

今まで一度も行ったことがなかったのですが、お友だちのブログで拝見して、その綺麗さにぜひ行きたくなったのです。

仙台からは車で2時間弱で着きました。今にも降りそうなお天気でしたがなんとか持ちこたえて、散策するのにちょうどいい天候でした。

109

091

106_2

112_2

ここに来て初めて知ったことですが、ダリアはキク科で品種改良が比較的やりやすいらしく、実にあらゆる色と大きさと形のものがあって本当に驚きました。

同じ“ダリアの花”として一括りにしてもいいの?!ってくらい多種多様。自分好みのものをいくつか撮りましたのでご覧ください。(クリックすると大きくなります)

033 047_2

039_5 048_2

035_3 051

080_2 083

092_2 100

067_2 071

041_2 045

061 074

087 063

049 054

068 070

055_2 095

赤、紫、オレンジ、ピンク、白、黄色、

単色、二色、

花びらが細いもの、太いもの、

花びらの先が裂けているもの、表に丸まっているもの、裏に丸まっているもの、完全に筒になっているもの、

私の顔より大きいもの、手のひらより小さいもの、

とにかく様々!

0421

043_2

どの花も本当にきれいでした スタッフの方がこまめに花殻を摘んだり、枯れた茎を剪定したりしていて、見る人が楽しめるようによく手入れされていました。

咲く時期も少しずつずれているようなので、まだ蕾のものもあったし11月まで充分楽しめるのではないでしょうか?

私もこれから何度も訪れてみたいと思います

| | コメント (2)

羽根沢温泉とトトロの木

谷口がっこそばを食べた後、温泉を求めて鮭川村方向へウロウロ。

看板を見つけて山の中を5キロほど進んでいくと、何軒かの旅館と駐車場がある温泉街に着きました。道はここら辺で終わりのようです。

駐車場に共同浴場の看板があったので進んでいくと、

026

川沿いに小さなお風呂が。

027

大人は200円~

029

脱衣所も浴室もちっちゃなお風呂で誰もいなかったのですが、そのせいかお湯が激熱!!! 源泉の温度は47度ということで、それがそのまんま来てるんじゃないかっちゅうくらい、あっついのなんの!

元々熱いお湯は苦手なのですけど、限度を超えてました しょうがないので洗面器に少し汲んで水を混ぜて、ちょっとずつ慣らしながら掛け湯しました。

何杯か掛けるうちになんとか浴槽のお湯を直接掛けられるようにはなったものの、入るのは最後まで無理でした~

それでも5分くらいせっせと掛け湯していたら、体中茹でダコのようになって充分温まります~。そして浸からなくても体中ツルツル!少しヌルヌルして滑りがよくなって、拭いたあともずーっと潤いがあってすっごくよかったです

もうちょっと温度が低かったらなぁ~、ゆっくり入って隅々までツルツルにするのに そしてもうちっと近かったら休みの度に入りに行くのにな~。鮭川出身の友人は肌がものすごくきれいなのだけど、やっぱり水がいいんだろうな~。

汗をかきながら道を戻っていくと、『トトロの木』の案内板があったのでついでに寄ってみることに。写真では見たことあったけど、実際に行ってみると・・・。

030

え、これ?

おそらく一番よく見えるであろう展望台から見てるんですけど・・・。耳の部分が3つあるよ?! 育っちゃったのかねぇ?

なんとなく納得できないまま帰路についたのでした

| | コメント (2)

谷口がっこそば

もう1ヶ月も前の話になってしまった・・・。まだ残暑も厳しかった9月の始め、山形県金山町の谷口がっこそばに行きました。

金山町は山形県の内陸北部にある町で、金山杉を使った住宅の町並みが美しい山里です。がっこそばは、その町並みを抜けて13号線を少し北上し、看板に従って左に少し入ったところにあります。

020

そう、ここは廃校になった谷口分校の校舎を利用したお蕎麦屋さんなのです。

お蕎麦を食べるのは、昔体育館だったところ。

017

外はすごい暑さでしたが、中は風が吹き抜けていい気持ちでした。

体育館だったので舞台もあります。

016

0181

校歌も掲げてありましたが。。。

019

歌詞が『杉の花粉の飛ぶ空に・・・』と、花粉症の人が聞いたら倒れそうなことが書いてある もちろん町の特産でもある金山杉のことですが。

メニューはこの時は板そばと揚げそばだけだったような?

014

ナスのお漬物や山菜の煮物もつきました。実はこの後カボチャの煮物も「どうぞ~」と出され、お蕎麦でお腹いっぱいだったのでいただくのに苦労しました

お蕎麦は正直に言えば、ものすごくおいしい!というわけではありません。お家で食べるような素朴な味です。

この広々とした空間と雰囲気と、全てが合わさっての価値があるものだと思います。

ジャングルジムは錆び付いて曲がっているところも・・・。

023

いつ頃まで子どもたちがいたのかな?

024

金山杉の防風林に守られて、第二の人生を歩む谷口分校でした

| | コメント (0)

相馬のたこ八

最近、『にっぽん縦断こころ旅』で火野正平さんが行かれたところを追っかけるのが定番になっている我が家です

今日は相馬市のたこ八へ。

8月に店の横を通りかかって場所はわかっていたのですが。

023

この時は入る時間がなかったので、今回はリベンジ。

たこ八は、以前は松川浦のすぐそばに建っていましたが、津波で全壊してこちらに移転してきたそうです。

前のお店にも行ったことがありますが、本当に海の真ん前でした。場所は変わっても再開できてよかったです。

私が頼んだのは海鮮丼~

020

021

お刺身が分厚くって、一口で食べるのはもったいなかったです。お味噌汁にはアラが入っていておいしかった。小鉢のじゃこの佃煮もご飯が進むお味でした。

このお魚たちは、以前相馬の海で獲れていた種類を他の地域から仕入れて出しているものだそうです。

夫はカマ焼き定食を。

023_2

024

大きい!いっぱい身がついてる!

カマというとブリかな~と思ってましたら、これは鯛でした。多分 白身のお魚。

適度な塩味でおいしかったです。

火野さんのサイン~

028

かわいい

食事のあと、相馬の魚市場があった辺りまで行ってみました。

029

地盤が沈下しているので、道路ギリギリまで波が打ち寄せてきます。

030

線路のように見えるのは、左側にある造船所でできた船を進水させるためのものです。

032

午後のこの時間は満潮に近かったので、あちらこちらで海水が上がってきていました。

034

建物が海の中になっちゃってる。

037

旅館やホテルもたくさん再開していましたが、HPを見ると復興関係の方のみの宿泊が多いようです。

おいしいお魚、たまに買いに行っていましたが・・・。何も心配せずに目の前の海で獲れる魚を誰もが食べられる時は来るのでしょうか。

| | コメント (2)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »