« 日食グラス | トップページ | 阿蘇神社&馬ロッケ »

JR鹿家駅

鹿家と書いて、「しかか」と読みます。福岡県と佐賀県の県境にあるJRの木造駅舎で、私はその昔この辺りの海に泳ぎに行っていたので馴染みがあります。

そんな鹿家駅が老朽化で取り壊されるという新聞記事を見たのが3月頃?もう無くなっているかな~と帰省した時に行ってみたら、立ち入りは出来ないもののまだちゃんと建っていました。

008

いい感じじゃないですか~。桜が咲いている時だったらもっとよかっただろうな~。

中に入れないのでガラス越しに撮りました。

009

改札も木製だ~

011

切符売り場も荷物台も昔ながらの木製。

012

建具も椅子も。1938年に建ったそうですが、よく最後までそのまま使われましたね。

014

無人駅なのでホームの方にも回ってみました。

015

あ、ちょうど電車がやってきた。

016

手前にある片流れの屋根の建物が新しい駅舎、というか切符の販売機があるところです。

017

味気ない気もするけど、しょうがないのかなぁ~。

天気のいい日は海もきれいに見えるのですが、この日は雨でぼやけていました。

古い鹿家駅、長い間ごくろうさまでした

|

« 日食グラス | トップページ | 阿蘇神社&馬ロッケ »

福岡県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日食グラス | トップページ | 阿蘇神社&馬ロッケ »