« 筑後の土蔵・パッチワーク展 | トップページ | 青森でウニ »

安野光雅の絵本展

帰省中に行った展覧会をもう一つ。

福岡県立美術館で開催されている、安野光雅の絵本展

087

受付に飾ってあったパネルです。

083

会場内は撮影禁止でしたが、まぁ~細かい細かい(昨日も言ってますが)。

線一本一本に手を抜かず、見ていると目がショボショボするほど。

085

受付にはよく見れるようにと虫眼鏡も置いてありました ホントにそれを使わないと見えないくらい小さなところまで書き込んであるのです。

帰りに売店で絵本を一冊買い求めました。

039

見開き2ページを使って、五十音で始まるものが描いてあります。

『あ』は、あんパン。

040

しかしよく見るとそれ以外にも、アリ、アリクイ、鮎、アヒル、アザミ、などたくさん!

041

このアリの足や、あんパンのゴマ、パンの気泡・・・。すごいなぁホントに。

ところで福岡県立美術館は、ン十年前、私がうんと子供だった頃から行っていて、今回は久しぶりでとても懐かしかった。

094

088

096

壁のタイルは博多織の模様になっています。設計は佐藤武夫です。

安野光雅の絵本展は12月11日まで開催されていますのでお近くの方はぜひ。

|

« 筑後の土蔵・パッチワーク展 | トップページ | 青森でウニ »

イベント」カテゴリの記事

福岡県」カテゴリの記事

建物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 筑後の土蔵・パッチワーク展 | トップページ | 青森でウニ »