« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

博多駅の屋上

福岡の情報、まだありました(^^ゞ

新幹線に乗る前にちょっとだけ寄った、新しい博多駅の屋上部分、つばめの杜ひろばです。

上のサイトの番号通りにご紹介しますと、

1.鉄道神社

274

『縁結び七福童子』九州七県を結んでいます。

273

2.表参道。お土産物屋さんが並びます。

2711

3.列車展望スペースからの眺め

279

4.天空の広場。三輪車などで遊べます。

267

5.つばめ列車

2681

6.展望テラス。福岡市が見渡せます。

右側に斜めに伸びるのは大博通り。奥に博多湾と志賀島、志賀島の右に細く続くのが海の中道です。

261

真ん中奥に見えるのが福岡タワー。

262

空港方面。こっちの方の山の名前には詳しくないのです 

265

あ!着陸する飛行機が見えました。

266_2

この屋上だけでもゆっくり景色やお店を見ていたら1時間はかかりそうです。

9階と10階には全国の有名店が入ったレストラン街があり、仙台の牛タン“利久”も!

1階から5階までは憧れの(?)東急ハンズも入っております~羨ましい~~ 仙台にもできておくれ~(あ、ミニショップはあります)。

今回は時間がなかったけど、駅ビル巡りだけでも充分楽しめると思いました。電車に乗る前に少し早めに行って見てはいかがかな?

| | コメント (0)

ゆるキャラグランプリ1位

くまモン

なんかエライ人気ですが・・・私も実は今回買ってきてました。

018

キティちゃんとのコラボ(≧∇≦)

023

この抱きかかえられてるキティちゃんがかわいかったので・・・。くまモンの顔はチト怖いと思うのは私だけ?

地元じゃ大忙しで、イベントやらなんやらニュースで見ない日はないのだそう。いろんな名産品や食品にプリントされているのも多数目撃しました。

023_2

うーーーーーん・・・・かわいい・・・か??びみょぉー(スミマセン)

| | コメント (2)

栗ひよ子

一つ前の記事でも書きましたが、いつもは春に帰る福岡に、今年は震災の影響で秋に帰省しました。そのおかげで今まで知らなかったお土産にも巡りあえました。

015

栗ひよ子

福岡限定。期間限定。お土産にぴったしー!

食べてみると、栗の味と香りが濃くてとーてもおいしかったです お土産用だけじゃなくて自分にも買っておいてよかった

秋はお菓子もいろいろと季節のものが出ますからね~。よかった、食べることができて。

ところで、これを東北の友達にお土産で渡したら、「え?ひよ子って東京のお土産じゃないの?」という人あり。

違うんです~~~!ひよ子は福岡のお菓子ですっ!詳しくはこちらで。↓

http://www.hiyoko.co.jp/ayumi/oitachi.html

| | コメント (2)

BOOK at ME

1ヶ月以上前、帰省していた時のイベントですが、とてもおもしろかったので紹介します。

天神のショッピングモール・イムズで催されていた『BOOK at ME』というブックカバー展。

068

九州出身の150人のデザイナーがデザインしたオリジナルブックカバーの展示会です。

カバーを掛ける本もそれぞれが選び、その内容に合ったデザインになってます。

069

070

様々なデザインがあってどれもいいな~♪

そして、この中から自分が好きな作品を10点選んで投票すると、ランダムに10枚のカバーがプレゼントされるのです。

母と行ったので2人分。

072

073

お互いの好みで半分にして持ち帰りました。使うのがもったいないな。

投票の結果はHPに出ていました。私が選んだのも何点か入ってる

http://bookatme.jp/blog/5920

毎年行われているみたいだな~。いつも春にしか帰らなかったので、たまに秋に帰るとイベントも食べ物も違って楽しいです。できれば季節ごとに帰りたいけど

| | コメント (0)

七北田公園の紅葉

一週間ほど前ですが、七北田公園をちょっと散策してみました。

木々の紅葉がきれいで、歩いていても楽しい~

062

065

066

067

070

急に冷え込んできました。雪が降る日も近いのでしょうか~

072

帰り道、ぽっかりと浮かぶちょっと不思議な雲はっけん

| | コメント (2)

もうクリスマスツリー☆

一週間前の15日にタピオに行きましたら、もうクリスマスツリーが飾ってありました。

055

早~い!

056

紙のオーナメントがとてもかわいくて素敵です。スウェーデンの切り絵作家アグネータ・フロックという方の作品だそうです。

今日は別のお店でクリスマスソングも聴いたし、いよいよ年末の雰囲気になってきたのでしょうか~☆

| | コメント (0)

優勝おめでとう♪

ソフトバンクホークス日本一おめでとうございます\(^o^)/

友人知人きょうだいにファンが大勢いる私としましても、我がことのように嬉しいです。

なんと言ってもここ7年の苦悩と落ち込みを間近で見てきましたから・・・

さて、ダイエー時代と違って、特に売り出しなども行われない企業ゆえ(8年前は並んでマグカップなどをゲットしたものです)、なにもないだろうな~とソフトバンクのHPを見ましたら、全国のショップで記念ステッカーがもらえるとあったので行ってきました。

これで~す

098

いったいいつから用意していたのだろう?優勝が決まってから印刷して全国に発送したわけではないですよねぇ・・・?無駄になるかもしれないとしても準備だけはしていたのでしょうか。

おとうさんの写真かわいい どこかに貼りたいけど家族に反対されるかな。

それにしても、もう無くなってるかもしれないと心配しながらショップに行って「優勝ステッカーまだありますか?」と聞いたら、店員さんは「は??????」みたいな顔をして他の店員さんに尋ね、奥の事務所に入ってしばらくしてから持ってきてくれました

この店でもらいに来たのは私が一番なのか?もうちょっと仙台にもファンがいるのではと思ったんですけどねぇ(^^ゞ

| | コメント (4)

虹と最上川と棚田

山形県朝日町にリンゴを買いに行きました。仙台はわりといい天気だったのに、山形は降ったり止んだりの差が激しく、しょっちゅう虹が出ていました。

081

089

紅葉もまだまだ充分きれいです。

最上川ビューポイントからの眺め。

086

日本の棚田百選に選ばれている、椹平(くぬぎだいら)の棚田が見晴らせるポイントにも行ってみました。

093

あぁ日本の正しい秋の終わり・・・冬を迎えるばかりの山里です。

| | コメント (0)

熊本駅・太平燕(タイピーエン)

熊本駅で新幹線に乗る前に、新しくなった駅のフレスタ熊本で、お土産購入と食事をしました。

食事はなんにするか迷ったけど、やっぱり熊本に来たら熊本らしいもので締めたいなと思い、太平燕があった Eki Dining そうせき kumamoto という店にしました。

ちなみに、そうせきって言うのはもちろん夏目漱石のことで、熊本に英語教師として赴任していたことがあるのです。市内には元の住まいも残っています。

で、私がいただきました太平燕。

234

欲張って同じく熊本名物の高菜ご飯と、唐揚げのセットを頼んでしまったらば案の定多すぎた 申し訳ないけどご飯は半分残しました

235_2

春雨がスルスルと口当たりよく、スープもおいしくてこっちは全部平らげました。好きだな~~

しっかりお土産も買いましたよ。

016

カップにお湯を注ぐだけで太平燕が!これはよさそうだ~。

あとは現地では食べられなかった天草大王の炊き込みご飯の素。そして晩白柚キャンディー。こうしてみると熊本って珍しくておいしいものの宝庫だなぁ~。

しかし、九州新幹線同様、フレスタ熊本もガラガラでした・・・。大丈夫かいな 

| | コメント (2)

三角西港

楽しい熊本ドライブも終わりに近づき、最後に三角西港に寄ってみました。

三角西港とは、明治政府の国策によって整備された地方港湾の一つで、100年以上前の岸壁や建物がほぼ当時のまま残っています。

212

ここにも書いてあるように、この三角西港の他に宮城の野蒜港も同じ時期に築港されました。しかし野蒜港のあとには当時を思い出させるものはほとんど残っていません。建設途中に台風の直撃を受け、そこで計画は頓挫したそうです。

三角西港は、三角線が東港までしか来なかったために、開発されずに古い建物が残ることになりました。

昔ホテルだった浦島屋。今は休憩所になっています。

217

龍鑲館(りゅうじょうかん)。イベントスペースとして使われています。

219_2

旧高田回漕店。中もとてもきれいな和風の建物です。

222_2

荷役倉庫として使われていた蔵。今はレストランになっています。行きたかったー!

228_2

石積の水路も当時のまま。

221_2

埠頭もきれいな石積。『坂の上の雲』のロケ地として使われたそうです。横浜港の場面だとか。

213

時間がなくて駆け足で回っただけでしたが、ここだけでゆっくり食事をしたり散策をするのにもいいところです。

まもなく日が暮れます。。。

229

この帰りに有明海に沈む素晴らしい夕日を見たのでした。

| | コメント (0)

天草・千巌山

海老をたらふく食べた後は、ちょっと運動を・・・。

上天草市松島にある千巌山に登りました。と言いましても、駐車場から展望台まで20分くらいですが・・・。

急な石段だったので結構きつかった 頂上からは天草五橋が臨めて、素晴らしい景色でした。

大矢野島方面。左奥は島原半島・普賢岳。

195

下島方面。

196_2

八代市方面。

198_2

お天気がよくてホントによかった~ 

| | コメント (0)

天草・海老の宮川

新幹線に乗って熊本に行き、そこから友達の車で天草に行きました。

フェニックスの木が南国に来た気分を盛り上げます。

168

青い空に青い海。この日のお天気はサイコーでした

167

天草五橋を渡って上島へ~。

166

着いたのは、『海老の宮川』です。

169

こちらは車海老の専門店で、活きのいいエビちゃんたちが手頃なお値段でいただけます。

私たちが食べたのは、2000円の海老会席。海老のおどり、塩焼き、天ぷら、煮付け、茶碗蒸しなど海老づくしです~

172

特に食べたかったのは海老のおどり。頭の部分はまだ動いていて、並べてあったのがズレちゃってます ぷりぷりで甘くておいしー!

171

その頭の部分はあとから唐揚げにしてくれます。

174

カリカリで全部食べられますが、口にいろいろ刺さるので少しずつかじるのがお勧めです。。。

176

海老好きにはたまらない幸せなひとときでした。

この辺りは海老の養殖が盛んで、海辺を走っていると養殖場をよく見かけます。

184

左奥に見えているのは普賢岳。この間とはまた違う方向からの眺めでした。

天草紀行はまだ続きます。

| | コメント (2)

九州新幹線

また話は帰省時に戻ります。

3月に全線開通した九州新幹線(CMいいですよね~)。今回は熊本に行くのに利用してみました。

ここはどこですか!?と言いたくなるくらいきれいに変わった博多駅。知らない場所みたいでちょっと寂しい・・・。

161

やほー!つばめです。(写真は朝と夜とゴッチャになってます)

236_2

162_2

旅行番組などで散々見た木製ブラインド。

163_2

車両によって柄が違うらしいシート。車内はガラガラですけど大丈夫ですかね?

240_2

肘掛けの下から引き出すテーブル。

241_2

242_2

座席も広くて足元もゆったりしてて、乗り心地はとてもいいです・・・と言っても、乗り心地を楽しむ暇もないほど早い!

熊本にわずか40分で着くので、うっかりメールでもしていたらあっという間!!つまんないので帰りは各駅停車に乗ったけど、真っ暗で外が見えなかった_| ̄|○

しかし片道4480円は高すぎ!熊本往復は7000円の割引チケットがありますが、それでもやっぱり次からは高速バスにしようかな・・・と思ってしまいます。

熊本駅で、車体にホークスの選手がプリントされた車両を見ました。

239_2

こんなのがあるって知らなかったのでビックリしたぁ~

11月20日まで運行されているそうです 東北新幹線でもやって欲しい! 

http://www.jrkyushu.co.jp/hawks/index.jsp

| | コメント (2)

青森・いぶし銀

まだ福岡の紹介も全部終わってないのに、今度は青森に行ってしまい写真がたまっている~

とりあえずお店紹介の続きを。

青森駅近くのビジネスホテルに泊まり、ホテルの人に『津軽三味線を聞きながら郷土料理がいただけるお店』を教えてもらったら紹介されたのがこちらでした。

いぶし銀

076

古い蔵を改造した建物で、私たちは吹抜を見下ろす2階の椅子席に座りました。正面には棟方志功の絵。

一階では三味線の演奏や民謡、踊りなどが披露されますが、梁が邪魔でなかなかお顔が見えなかった

写真は床にカメラを斜めに置いて撮りました。

075

073

063_3

079_2

最後はお客さんたちも一緒に踊っていました 福島からのお客さんだったようです。

083_2

演奏は、6時半からと8時からの2回。お客の入りによっては10時からもあるようでした。

さて、多量のウニの突き出し以外に頼んだのはこれら。

マグロの中落ち 自分でスプーンでこそげて食べます。裏側もね。

062_2

ヤリイカの活き作り!!!おいしい!!!ゲソは醤油につけるとビンビン動きます。

ワタクシ、イカの活き作りは呼子が一番とずっと思っておりましたが、これは引けを取らないおいしさでした。

064_2

サバの味噌煮~♪ ふっくらしていておいしかった~

066_2

サメのハラス焼き。ごめんなさい、これは好みではなかったです。サメ初体験だったんだけど、ちょっと臭みがあって苦手だったです。

067_2

ホタテの味噌卵焼き(貝焼きというようです)。あれ、これ食べてないや

065_2

この他に、ホタテのフライや水菜のサラダなどを頼みました。

飲み物は田酒の特別純米を。肴に合うぜー 

しかしながら・・・あの突き出しは多すぎました。いくらおいしくても、ウニだけを食べるのは飽きてしまうのです。

私は途中でおにぎりを頼んだ人がいたので、少しもらってウニ丼みたいにして食べましたが、苦手な人もいたのでかなり残ってしまいました。もったいない!

それと、マグロの中落ちは、お店の人に強く勧められたので頼んだのだけど、あんなに大きなものが来るってわかってたら頼まなかったかも。

ウニとマグロを片付けるのに頑張って、なおかつイカも食べていたら、ちょっと当分生ものは見たくない気分になってしまった・・・。もう少しちょこちょこと珍味や肉類も食べてみたかったな~。

でも津軽の郷土芸能にも触れることができて、全体的には満足できるお店でした

| | コメント (2)

青森でウニ

061

今日は青森に来てます。

夕食は津軽三味線を聞きながら、青森の海の幸を堪能しました。

突き出しでウニがこんなに~\(◎o◎)/ すっげ~!!

| | コメント (0)

安野光雅の絵本展

帰省中に行った展覧会をもう一つ。

福岡県立美術館で開催されている、安野光雅の絵本展

087

受付に飾ってあったパネルです。

083

会場内は撮影禁止でしたが、まぁ~細かい細かい(昨日も言ってますが)。

線一本一本に手を抜かず、見ていると目がショボショボするほど。

085

受付にはよく見れるようにと虫眼鏡も置いてありました ホントにそれを使わないと見えないくらい小さなところまで書き込んであるのです。

帰りに売店で絵本を一冊買い求めました。

039

見開き2ページを使って、五十音で始まるものが描いてあります。

『あ』は、あんパン。

040

しかしよく見るとそれ以外にも、アリ、アリクイ、鮎、アヒル、アザミ、などたくさん!

041

このアリの足や、あんパンのゴマ、パンの気泡・・・。すごいなぁホントに。

ところで福岡県立美術館は、ン十年前、私がうんと子供だった頃から行っていて、今回は久しぶりでとても懐かしかった。

094

088

096

壁のタイルは博多織の模様になっています。設計は佐藤武夫です。

安野光雅の絵本展は12月11日まで開催されていますのでお近くの方はぜひ。

| | コメント (0)

筑後の土蔵・パッチワーク展

帰省の時のイベントなので、もう終わってしまったものですが・・・。

久留米市北野町の山口酒造場の蔵で行われた『筑後の土蔵』というパッチワークの展覧会に行きました。

138

106_2

建物も庭も古くてきれいで居心地がいいです。

111_2

117_2

展示してある作品は、こちらの女将である山口玲子さんという方のもので、私は知らなかったのですが、これがすごいんです!!

大きいし細かいしデザインが斬新!!とにかく溜め息しか出てこないほど見事でした!

108

116

これはちょっと仙台七夕の飾りみたいだなぁと思いました。

127

一色一色細長い布を縫い合わせて作ってあるのです~。

131

これはなんと帯締めを使ってあります。

121_2

122

さすが福岡県。金印。漢委奴國王。

1091_3

縄文式土器。

134_2

細かい細かい。

135_3

私が一番好きな作品はこれでした。

136_2

当然のことながら竹の節一つ一つ、布がきれいに重なっています。

いや~~~もう本当に感動しっぱなしでした。最終日に慌てて行ったのですが、行ってよかった!

パッチワークの基本である家族の古い着物を使ってあって、どれにも思い出と物語があり、そのエピソードもよかったです。

またチャンスがあったら絶対行きます!

| | コメント (0)

柳川・鰻のせいろ蒸し

島原に渡る前に柳川でお昼を食べたのでした。

鰻はいつも久留米で食べるので、柳川では初めてかも。

駅でもらった観光案内図に載っていた、こちらのお店に行ってみました。

福柳

0141

町屋形式の奥行きの長いお店です。レジの横を通り抜けると奥に客席がありました。

011_2

レトロな柱時計が飾ってあります。動いてはなかった・・・。

010_4

客席は中庭に面しています。

0061_2

あ!カッパがいた!!

0071_2

やってきました、鰻のせいろ蒸し。真ん中にある黒い物は細かい海苔でした。鰻の量も多くておいしかったけど、以前久留米で食べたものより、ご飯の味付けが濃くて醤油が甘く感じました。

008_3

こちらはうざく。器がとっても豪勢で花器みたい(^^ゞ

009_2

食事が終わって外に出て、お堀の向かい側を見ると、あら、以前ケーキを食べたお店じゃありませんか。あの時は外観を取り忘れたので、今パチリ。

0151_2

前回は2月で柳の木も枝ばかりでした。葉が茂る頃にもぜひ来たいと書いていましたが、思いがけなく叶うことになりました。

0161_2

いつもの年なら春に帰省するところ、震災のためにこの時期なったわけですが、たまに秋に来るのもよいものです。

| | コメント (0)

武家屋敷と寒ざらし

国見町から南に下って、島原市へ向かいます。

島原には、きれいな水路の両脇に武家屋敷が連なる町並みが今も残っています。CMなどで見た方も多いかもしれません。

0391

公開されているお屋敷もありますが、今も古いおうちで暮らしている方もいらっしゃいます。生活の臭いのする古い町並みはいいですね

0411

山茶花の花がきれい。

0431

これは・・・ポンカン?柑橘類が庭になっているのを見ると、九州だなぁ~と感じます。

0461

武家屋敷街を散策した後、商店街の中にある水屋敷へ寒ざらしを食べに行きました。寒ざらしとは、白玉粉で作った小さなお団子を湧き水で冷やし、甘いシロップをかけて食べるおやつです。

お店の構えはこんな感じ。何度も通り過ぎて気付かずにお隣のお店で聞いてしまいました

0561

やや注文の多い料理店って感じ?

でも中は文句なしに素敵です~。

小さな橋を渡ってお座敷へ。

0481

0531

縁側の前には澄んだ湧き水の池が。

0491

ヤカンで冷やしてあるのはシロップでしょうか。

0551jpg

そしてこれが寒ざらしです。

0501

ほんのり甘いシロップとスルスル入るお団子が、素朴でとっても美味しい

のんびりゆっくり幸せな気分のひとときでした。

| | コメント (0)

熊本~長崎・カーフェリー

実家滞在中にお出掛けした時の写真をいくつかご紹介します。

まずは長崎への旅。今回は陸路ではなく対岸の熊本県長洲町からカーフェリーで渡ります。航路や時刻表などはこちらをどうぞ→

長洲町のターミナルビルはこちら。

018

設計は石田敏明さんです。くまもとアートポリスプロジェクトのひとつですね。

真正面に見える普賢岳。

031

このブリッジから船に乗り込みます。

021_2

いざ!

0251_2

0281_2

宮城の松島ほどはカモメは追ってこない・・・。餌をやる人がいないからでしょう。

034_2

40分ほどで到着です。長崎県国見町に着港し、島原市へ向かいます~

| | コメント (0)

切符とお弁当

300

乗車券は16,070円也。

やっぱり7時間はちょっと疲れました。

お弁当は博多駅で買ったこちら。

287

ちょっとお上品だったので夕方にはお腹空いちゃった

| | コメント (2)

富士山見えました

299

ちょっと霞んでたけど、頂上まで見えました

写真なんか撮ってるの、私だけだった・・・皆さん見慣れてるのね

| | コメント (0)

新幹線で

282

仙台まで帰りまーす(^O^)

のぞみ+はやてで7時間v(^O^)v

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »