« cafe saji | トップページ | もんじゃ焼き »

地震の爪跡

先日398号線を走った時に、岩手・宮城内陸地震の被害の様子をあちこちで目にしたのですが、載せる機会を逃していました。

003_2

右側が元の山の形、ごっそりと崩れているのがわかります。

0041

0101

幅何メートルあるでしょうか、大きく山肌が崩れています。川がせき止められてしまったのか、手前の湖のようなところには木が生えています。斜面の下には何台ものブルドーザーがあって、今も復旧作業に尽力してる方たちがいらっしゃることがわかります。

012

道路はきれいに舗装し直されているところも多かったですが、まだヒビが入っている箇所もありました。

051

山の至る所にこのような光景が見られます。

そして一番衝撃を受けたのが、祭畤(まつるべ)大橋の崩落現場です。ニュース等でご覧になった方も多いと思いますが、そのまま保存されているとは知りませんでした。

0551

橋脚を支点に折れ曲がってしまった橋桁。

059

右側は道路からずり落ちるようになっています。

062

左側は完全に道路が途切れてしまっています。

被害の状況と復旧ルートの概略。

060

061

今、新しい橋の工事が進んでいます。

052

あと少しで繋がる!(写真は10月11日のものです)

053

058

地元の新聞やニュースでだいたいのことはわかっているつもりになっていても、実際に見ると本当に恐ろしくて、また甚大な被害だったことがわかります。

そしてあちこちで復旧のために働いている方にも頭が下がる思いです。

|

« cafe saji | トップページ | もんじゃ焼き »

宮城県」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震の爪跡:

« cafe saji | トップページ | もんじゃ焼き »