« 桜三昧-山形市内編 | トップページ | 桜三昧-三神峯公園 »

桜三昧-置賜編

県道の狐越街道を越えて白鷹町に入りました。そこからは国道287号線ではなく平行に走る旧道、西部街道を走ります。

途中の神社でも桜が満開です。

0701

0711

ところで、山形県の置賜地方では、『置賜さくら回廊』と名付けた桜巡りのコースをPRしていて、きれいなパンフレットもあるのですが、私たちはそういうものを何も持たず、行き当たりばったりで看板と勘を頼りに走ることにしていました。

上の神社を過ぎてすぐ、早速道の脇にさくら回廊の立て札と、数台の車が停車しているのが見え、車を降りてみました。

普通のお宅の畑の脇を抜けると小高い丘の上に何十本もの満開のさくらと、立派な大木が。『殿入りザクラ』だそうです。

078

0791

今まで全然知らなかったけれど、枝振りも豪快で見事です。

また、周りにはたくさんの名もない(?)桜が丘いっぱいに満開でとてもきれい!

0801

人も多くなくて、ゆっくり歩いて鑑賞することができました。

続いてはふと見かけた看板の導くままに、『草岡の大明神ザクラ』へ。

096_2 

0931

普通の農家に挟まれた場所に立っていました。

うーん・・・これは正直に言ってあまり好みではなかったかな・・・(^^ゞ 花に罪はないけれど、特に感想がわいてきませんでした。ゴメンね。

で、ここもまた、この桜よりもすぐ隣にある西根小学校の桜が見事で・・・

0981

続きまして、一応本日のメインイベントと位置づけていた伊佐沢の久保桜へ・・・。

127

ここはポスターにも登場するし、かなり人が多いだろうなとは思っていましたが予想通り・・・。木の周りを1周する回廊には人の切れ間がありません。

1111 

でも・・・三春の滝桜を見た時も思ったことだけど、こんなに枝を支えられて、それでも咲き続けることが、桜は苦しくないんでしょうか?

1261

横から見るとこんなですよ。本当はもう、自然のままに朽ち果てて、土に帰りたいのではないかしら。千何百年、人々を楽しませてきたのだから、もうそっとしておいてあげて欲しい・・・と思ったりするのです。

で、ここも例によって、周りにはたくさんの若い桜が咲き誇っていて、そちらの方がずっと見事(^^ゞ

1151

1211

さてここで初めて回廊巡りのパンフレットを手にした私たちは、今まで見たことがない『原のシダレザクラ』というのを見て帰ることにしました。

先程の西部街道沿いに入り道があったようなのですが、逆から来たので気が付きませんでした。こちらも普通の農家の庭先に車を止めさせていただいて、畑作業をされている横を通って見に行きます。

135

1331

もう夕方だったので、根本のところが陰になっていますが、斜面にしっかりと立ち、何にも支えられずにたった一人で誇らしげに咲いているように見えました。

今日見た中ではこれが一番気に入ったかも。渋くてカッコイイ!!案内板がなければ絶対わからないような里山の奥に、ひっそりと何百年も咲いているんですね~。

やっぱりここも後ろを振り向くと若い桜が満開。

1361jpg

どこに行っても競演するように対照的な勢いの桜が咲き誇っていました。

これらの名のある桜以外にも、ごく普通のおうちの庭先に、誰も近づけない山の中に、春になれば桜は黙って咲き、人々の目を楽しませるのだなぁ~と、なんとなく涙が出てくるような感覚でした。

0901

1281

いや~一日中、本当に楽しませてもらいました。たくさんの桜たち、ありがとう(*^。^*)

|

« 桜三昧-山形市内編 | トップページ | 桜三昧-三神峯公園 »

お花」カテゴリの記事

山形県」カテゴリの記事

コメント

そちらは今サクラが満開ですか、綺麗ですね~。
こちらはもうツツジが終わりかけていますよ 霧島のミヤマキリシマが今から咲き始めるでしょうね。 そうそう、鳥取はサクラがだいぶ散り掛けていましたが、ハナミズキが満開で楽しめました。
本当日本って長いですね~。

投稿: のんのん夫 | 2010年5月 6日 (木) 23時02分

のんのん夫さん♪
ミヤマキリシマもきれいですよね~見てみたいものです
鳥取まで行くなんて相変わらずパワフル これまた私も行きたい!
本当に日本は広いです。花を巡りながら旅してみたいものですね(*^。^*)

投稿: はかたっこ | 2010年5月 7日 (金) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜三昧-置賜編:

« 桜三昧-山形市内編 | トップページ | 桜三昧-三神峯公園 »